映画・テレビ

2019年5月29日 (水)

空母いぶき

職員の宮沢です。

先日、現在公開中の映画「空母いぶき」を観てきました。

Miyazawa201905a

この作品は、戦争をしないと憲法で定めている日本が、正体不明の敵から攻撃を受けた場合どうなるのかを描いています。

現在、当たり前のように毎日を平和に暮らしている私たちですが、この作品のようなことが明日起こっても不思議ではないと感じました。「戦争」と「戦闘」の違い。戦争をしないために戦うということを、様々な立場の人間の視点から描かれています。平和とは何かを考えるきっかけになりました。

戦闘シーンも迫力があるので、皆さんもぜひ劇場の大スクリーンでご覧になってはいかがでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動スタート!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年5月10日 (金)

アベンジャーズ・エンドゲーム

所長です。

先日、現在公開中の「アベンジャーズ・エンドゲーム」を観ました。

Avengers201905

アイアンマン、キャプテンアメリカ、スパイダーマン、超人ハルクなど人気アメコミのヒーローが集結する人気作品の完結編ということで前作(インフィニティウォー)公開後から話題になっていました。

前々作(シビルウォー)ではまさかのヒーロー仲間割れ、前作ではまさかのヒーローたちの敗北。この流れで来たら「最高の逆転劇」を期待してしまいます。

思い返せば、「スターウォーズ」でもエピソード5「帝国の逆襲」ではハンソロが冷凍され、ルークもダースベイダーに敗北するという大ピンチで終わり、次作「ジェダイの帰還」での大逆転劇につながりました。これはハリウッドの十八番なのかもしれませんね。

理屈抜きで、ヒーローが集結して最後の決戦に挑むシーンは迫力満点です。ということでまだ観ていない方、ぜひ劇場の大スクリーンでお楽しみ下さい!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動スタート!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年3月28日 (木)

ボヘミアンラプソディ

所長です。

昨年から話題になっていた映画、「ボヘミアンラプソディ」。言わずと知れたロックバンドQUEENのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた作品です。ずっと観たい、観たいと思いながら先日やっと観ることができました。

Bohemian2019

知っているようで知られていなかったQUEENとフレディの人生。豊かな才能とその陰にある苦悩。強く日の当たる場所には濃い影ができる、という自然の摂理のごとく、フレディにも苦悩で溢れた半生がありました。

本作は全編に渡り、QUEENのヒット曲が流れています。しっかりした映画作品でありながら、ミュージックビデオを観ているかのようなテンポ。しかもラスト20分はまさに圧巻のライブ映像。これは音楽好きだけでなく、多くの方に観て頂きたい作品ですね。

最近感じるのは邦画に比べてハリウッド作品は「幸福感」の描き方が上手、ということ。これは陰徳を美徳とする仏教との宗教観の違いかもしれませんね。もしかしたら「幸福度ランキング」で日本が下位になっている理由がこんな所にもあるのかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動スタート!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2018年12月20日 (木)

ジオストーム

所長です。

2017年公開の「ジオストーム」。先日、WOWOWの放送で観ました。

Geostorm

天候をコントロールすることが出来たら皆様はどうしますか?台風も意図的に消滅できたり、大切な日を晴天にしたり。誰もが天候をコントロールしたい、と思ったことはあるハズです。

しかし、それが出来るのが世界で自分ただ一人だとしたらどうでしょう?天候を支配することを通じて、他人を支配しようとしてしまうかもしれませんね。

大きな力を手にした人の思想で、世界を良くしたり、悪くしたり、真逆の結果を引き起こしてしまうでしょう。実社会でも権力者にはこういった側面がついて回ります。

では私たち一般人には関係ないか、というとそんなことはありません。例えば車の運転はどうでしょう?車は快適な移動手段でもありますが、人を殺すこともできる凶器にもなります。

本作は楽しみながら、ふとそんなことも考えさせる作品でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2019年のスタートは経営方針発表会から!
今年のテーマは・・・

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2018年10月19日 (金)

ドリーム

所長です。

先日、WOWOWで放送されていた映画「ドリーム」を観ました。

Dreamjpg

本作品は、まだ黒人に対する差別が残る時代にNASAで働いた女性の実話を描いたもの。当時、NASAには数学の能力の高い黒人女性が多数勤務していました。しかし、黒人女性だからという理由で高い地位を与えられずにいました。

本作品を観て、改めて「チャンスは与えられるものではなく、掴む準備ができている者にだけ訪れる」ということを感じました。本作品の主人公達は自らの不遇を嘆くのではなく、自ら未来を切り拓く生き方を選択しました。果たして私達は自分の不遇を嘆かず、自らの未来を切り拓く努力ができているでしょうか?

又、経営者の方は自身の会社の中に不遇な日々を送っている社員はいないでしょうか?一人一人の能力を発揮させているでしょうか?

色々なことを考えさせてくれる良作です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営環境は常に変化している!
環境変化に対応する経営とは?
経営支援セミナー2018、開催!!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2018年8月 2日 (木)

ジュラシックワールド 炎の王国

所長です。

先日、劇場公開されているジュラシックパークシリーズ最新作、「ジュラシックワールド炎の王国」を観ました。

Juraworld2

本シリーズの一作目、「ジュラシックパーク」が公開されたのは1993年。もう25年も前になるのですね。当時、琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜のDNAを抽出し、現代に恐竜を蘇らせるという設定に驚きました。

あれからシリーズも5作目を数えます。4作目からはただ恐竜を蘇らせるだけでなく、遺伝子の組み合わせで人為的に新種の恐竜を創るようになります。

人為的に新しい命を創る、という行為はまさに神の領域ともいえるものですが、現実に野菜の遺伝子組み換えや人間の不妊治療など、神の領域に手を掛けている状態でしょう。

恐竜にしても、もし生きている恐竜が観たいか、と言われれば当然観たいと思います。しかし、自然の摂理に逆らうことは一体どういうことなのか。本作でも、生命は何を選択したか。単なるパニック映画ではなく、色々なことを考えさせてくれる作品でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

2018年7月20日 (金)

ハン・ソロ

所長です。

先日、スターウォーズ・シリーズの最新作、「ハン・ソロ」を観ました。

Hansolo

スターウォーズ・シリーズを観ている方ならおなじみのキャラクター、ハン・ソロ。本編ではハリソン・フォードが演じていますが、そのハン・ソロの若き時代を描いたのが本作。さすがに御年75歳のハリソン・フォードに20台のハン・ソロを演じるには無理があるので、本作ではハリソン・フォードは演じていません。

スピンオフ作品ですから、本編シリーズとは直接関係ないのですが、所々本編とのリンクを感じさせるシーンがあるので、やはりスターウォーズ・ファンにとっては堪らない作品と言えるでしょう。(同じスピンオフ作品の「ローグ・ワン」ではクライマックス・シーンに歓声が上がりましたね。)

それにしても、スピンオフ作品だからと言って手を抜かないのはさすがハリウッド。しっかり見応えのある作品に仕上がっています。中でもあのキャラクターの登場には驚きましたね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

2018年3月23日 (金)

リメンバー・ミー

所長です。

先日、公開中のディズニー最新作、「リメンバー・ミー」を観ました。本作は今年度のアカデミー賞長編アニメ部門、主題歌部門の2部門を獲得しています。

Rememberme

主人公が訪れる「死者の国」には2つのルールがありました。

1つ目は、家族が遺影を飾っていないと現世に行くことができないこと。もう1つは、現世の人から故人の記憶が失われてしまうと、「死者の国」からもその存在が消えてしまうこと。

折しも季節はお彼岸。先祖の霊の存在を身近に感じられる時期です。果たして私たちは日々先祖の存在をどれだけ意識しているでしょうか。

一方で、私たちは家族を含め、どれだけの人の記憶に残る生き方を日々しているでしょうか。

同時上映の「アナと雪の女王」の短編作と合わせて、「家族の絆」について想いを巡らせる作品となっています。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2018年3月20日 (火)

グレイテスト・ショーマン

所長です。

レイトショーで久し振りの一人映画鑑賞。ヒュー・ジャックマン主演の「グレイテスト・ショーマン」。

Greatestshowman_2

サーカスを生んだP.T.バーナムの半生をミュージカルにした作品。主題歌の「This is me」をはじめ、素晴らしい楽曲がラインナップされており、ミュージカル好きにはたまらない作品で、あっという間の2時間です。

ミュージカルファン必見の作品であることは間違いありませんが、実際に観た感想としては「経営者の方々にも観て欲しい」と思いました。

バーナムの成功劇ではありますが、「何のために経営しているのか」という経営の根幹にも訴える作品です。ぜひ「幸福」と「満足」の違いにも注意して頂きたいと思います。

それにしても、ヒュー・ジャックマンが歌えるとは知りませんでした。さすがハリウッド。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年8月17日 (木)

アンデルセン

所長です。

先日、ウェスタ川越で公演された劇団四季の「アンデルセン」を観劇しました。地元で劇団四季の舞台を観られるのは有り難いことです。

Shikiandersen

本作は誰もが知る童話作家のアンデルセンの半生をモチーフにしたもの。もちろん史実とは違っている部分もありますが、アンデルセンの半生を通して私たちが感じられる素晴らしさは十分表現されているのではないでしょうか。

劇中、アンデルセンは「想像することの大切さ」を繰り返し語ります。時にそれは「みにくいアヒルの子」となり、時に「裸の王様」であったりします。

大半の人々は「今、見えているもの」で判断します。しかし、アンデルセン童話の中には「今は見えていないもの」の大切さを伝える作品が数多くあります。

アンデルセン童話というと子供向け、とついつい思ってしまいますが、大人になってから読んだら新たな気付きが得られるかもしれない。そう感じられた作品でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

より以前の記事一覧