« 可能性の扉を開く | トップページ | 確定申告は地元の相談会場でも出来ます »

2020年2月19日 (水)

運気を磨く

所長です。

田坂広志氏著の「運気を磨く」。

Tasakaunki

世の中には「運が良い人」と「運が悪い人」がいる、そう思われる方が多いのではないでしょうか。しかし、「なぜ運が良いのか」「なぜ運が悪いのか」という点に思いを巡らす方は少ないように思えます。

サイコロの目は1/6の確率、ジャンケンなら1/3の確率、というように自分の力が及ばないものに対しては偶発的に起こることで、自分にも他者にもその確率は平等だと思っています。しかし、現実にはそうでない現象が多々起こります。それは何故でしょうか?「生まれながらにそういう運勢なのだ」と不平等な事実に嫌悪感やあきらめを感じている方が多いように思います。

実は「生まれながらの不平等」ではなく、運とは「巡り合わせの妙」なのだと思います。そうであれば、巡り合わせが良いように生活している人は無意識のうちに運を引き寄せている、という事が言えます。では「巡り合わせが良い」生活の仕方とは一体どのようなものなのでしょうか。それが本書のテーマなのです。つまり、運を良くすることが出来るのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 可能性の扉を開く | トップページ | 確定申告は地元の相談会場でも出来ます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 可能性の扉を開く | トップページ | 確定申告は地元の相談会場でも出来ます »