« 軽減税率とインボイス制度 | トップページ | ラグビーW杯、日本8強へ! »

2019年10月11日 (金)

書面添付という制度

所長です。

先日、税理士会川越支部の研修会に出席しました。今回のテーマは「書面添付」。

Kz201910a

書面添付とは税務申告書に税理士の意見書を添付できる、という制度です。わざわざ意見書を添付するのですから、「この申告書は間違っています」という意見ではなく、「この申告書は適正である」という意見になります。つまり、申告書の「品質証明書」でもあるのです。

この制度の目的は「税務調査の省略」にあります。もちろん調査省略を確約するものではありませんが、税理士からの品質保証のついた申告書にはそういった効力があるのです。昨今、この事実に金融機関も注目し、書面添付制度に基づく申告書に対し金利の優遇や個人保証の省略といった対応も出てきています。

いいことずくめの制度に思えますが、一方で虚偽記載があった場合には、税理士に対し罰則が科されることになります。このため、無条件でこの制度を利用する訳にはいかない、ということになり、現在、法人税申告書のうちこの制度が利用されているのは1割程度という状況になっています。

この制度の普及のためには税理士のさらなる研鑽も必要ですが、同時に企業側にも適時適正な記帳を心がけて頂く必要があります。ぜひもっとこの制度のことを知って頂き、利用して頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 軽減税率とインボイス制度 | トップページ | ラグビーW杯、日本8強へ! »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽減税率とインボイス制度 | トップページ | ラグビーW杯、日本8強へ! »