« 自ら考え、行動する | トップページ | 優良企業視察セミナー~1日目 »

2019年10月 7日 (月)

働きやすさを本気で考えたら

所長です。

雅樂川陽子氏著の「働きやすさを本気で考えたら、会社の売上が5倍になりました」。

Hatarakiyasusa

著者の経営する会社は介護事業。社会的存在意義のある業種ですが、現場はかなりハード。そのため、採用に苦労し、常に人手不足が経営課題です。

そんな会社にとって、「ハードでも、やりがいのある仕事がしたい」というモチベーションを持っている人はのどから手が出るほど欲しい人財です。しかし、そんなモチベーションを持っていても、家庭の事情で実際には働くことが出来ないでいる人も少なくありません。

そこで「社員の働きやすさ」を徹底して追求すると社員が定着し、業績も上向きました。「社員の働きやすさ」は一見、コスト増を意味し、業績を圧迫する、と思われます。しかし、そのことによって社員のモチベーションが高まったり、採用面も好転すれば、そのコストを補って余りあるのです。

売上が何倍になるか、はさておき、社員が定着し、モチベーション高く働けば、業績は自ずと好転するでしょう。逆に大切なコストをケチることでかえってモチベーションが低下すれば、自ずと業績は下降するのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 自ら考え、行動する | トップページ | 優良企業視察セミナー~1日目 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自ら考え、行動する | トップページ | 優良企業視察セミナー~1日目 »