« 太平洋戦争の新常識 | トップページ | 世界に一軒だけのパン屋 »

2019年9月12日 (木)

国際税務

所長です。

先日、TKCの研修で国際税務について受講しました、「中小企業が初めて海外支店・現地法人を設立するときなどに理解しておくべき税務知識」。

Tkc201909a

中小企業にとって国際税務が関係してくることはレアケースかもしれません。そのため、国際税務に興味が薄い会計事務所もあるのが実態です。このため、今回の研修もいつもに比べて受講者は少なめ。

しかし、レアケースというのは「可能性0」ということではありません。しかもインターネットの普及によって海外との距離感が縮まっている今日において、果たしてレアケースとして片づけられるのでしょうか。

弊所では毎年数件は国際税務が絡む案件があります。おかげで臨場感もって今回の研修を受講することができました。弊所内でクリアできる問題、弊所だけではクリアできない問題、それぞれあります。

今後は弊所だけではクリアできない問題をいかに解決するか。海外の会計事務所や法律事務所とのパートナーシップなど、色々検討しなければなりませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 太平洋戦争の新常識 | トップページ | 世界に一軒だけのパン屋 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太平洋戦争の新常識 | トップページ | 世界に一軒だけのパン屋 »