« 新版、社会人として大切なことは | トップページ | 高尾山登山 »

2019年7月 3日 (水)

質の高い会議

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会幹事会に出席しました。

同幹事会では毎月の例会企画や会員増強などの取り組みについて意見交換し、様々なことを決定していきます。これって、どの会社でも多かれ少なかれ、役員会やリーダー会議などの名称でやっていることですよね。

Doyu201907a

日本企業は会議の数が多過ぎる、という声も聞こえます。しかし、私は「数」よりも「質」が問題なのではないかと思います。質の低い会議を行うとメンバーのモチベーションは下がりますし、逆に質の高い会議を行うとメンバーのモチベーションは高まります。

メンバーのモチベーションが高まると、目標達成の可能性がグンと高まります。成果の出ている組織というのは、実は質の高い会議を行っていることが多いのです。

では、質の高い会議とはどんな会議なのでしょう?それは「権力者が演説をしている会議」ではなく、「すべてのメンバーが思ったことを素直に発言できる会議」です。実は前者の会議が多いのが問題なのです。そして、後者の会議が良いことは大抵の方が分かっていますが、実際に行うことが難しいのです。

なぜ難しいのか?だって、いつも演説している権力者から急に「なんでも言いたいこと言え」と言われてもなかなか言えないですよね。それに演説型会議に慣れてしまったメンバーは思考停止状態になっていることが多いので、急に「言え」と言われても体が反応できなかったりします。

ということは、質の高い会議を行うためには、質の高い会議ができるための空気を組織内につくっておかなければならないのです。そしてこれは時間が掛かる取り組みでもあるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 新版、社会人として大切なことは | トップページ | 高尾山登山 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新版、社会人として大切なことは | トップページ | 高尾山登山 »