« 幸せな職場の経営学 | トップページ | オリジン »

2019年7月12日 (金)

ワンダー

所長です。

2015年に児童向けの書籍として発売され、2017年に映画化された「ワンダー」。

Wonder

主人公のオギーは10歳の男の子。生まれつきの遺伝子疾患により顔が変形しているが、それ以外は「普通」。しかし、顔が変形しているだけで「普通」の扱いを受けられない。

本作を観ると、人が持っている「偏見」について改めて考えさせられます。「見た目」や「第一印象」も大切ですが、人の価値はそれだけで計れるものではありません。

本当の人の価値とは「心の豊かさ」ではないでしょうか。本作ではオギーと触れ合った人たちがそこに気付いていきます。

ぜひ家族と一緒に観たい良作です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 幸せな職場の経営学 | トップページ | オリジン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せな職場の経営学 | トップページ | オリジン »