« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

示道塾×敬愛塾

職員の今井です。

先日、「敬愛塾×示道塾 戦う経営・戦わない経営」というセミナーを受講しました。北九州を拠点に展開する美容室「バグジー」の久保華図八氏と高知のカーディーラー「ネッツトヨタ南国」の大原光秦氏のコラボセミナーです。

Shido201907a

次世代を担うリーダーの養成を目指す大原氏と、方や溢れんばかりの愛情を社員やお客様に降り注ぐ久保氏。2人の対決は如何に?という企画に、いったいどうなるんだろう?という期待と不安を膨らませながら臨みました。

真剣に語りつつ、また大笑いもするというセミナーだったのですが、お二人が共通して目指していることは「人間力を高める」と「家族主義的経営」という事だと感じました。その為に、お二人が実践している事を紹介していただき、私も出来るところからやっていきたいなと思いました。

久保氏の「去年の自分より成長する」という言葉は心に響きました。私も、日々学び、時には失敗もし、悪戦苦闘しながら去年の自分より成長していきたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月30日 (火)

天気の子

職員の渡辺です。

先日、友人と「天気の子」を観てきました。「君の名は」で一躍有名になった新海誠監督の最新作、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

Watanabe201907a

島暮らしに嫌気がさし、東京へ旅立った少年、森嶋帆高と、空に祈ることで雨を必ず晴らす少女、天野陽菜。異常気象により雨が絶えない8月の東京で、二人が出会い、世界が変わっていく。そんなお話です。

話の毛色的には「君の名は」と大分違ったものなので、かなり新鮮な気持ちで楽しめました。個人的には、こちらの方が好みのタイプの映画でした。特に物語の結末には、心に強く訴えかけるものがあります。

監督が手掛けた二作ですが、何が認められるモノなのか、という問いに対しての一つの回答なんじゃないかと感じています。正直、「君の名は」以前の新海誠監督のことを、当時からよく知ってらっしゃる方は少なかったと思います。それが一転、今や日本アニメ映画の監督として宮崎駿さんの次席に迫る、正に飛ぶ鳥を落とす勢い。何が現状を作ったのか。何が今に繋がったのか。

それは多分、自分の信じるモノを愚直に作ってきた、その結果なんじゃないかなと。一本筋を通し、自分の信念を貫いた仕事が当然に評価された。これらの映画全体に、そんな強い想いを覚えてなりませんでした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月29日 (月)

消費税の軽減税率制度

所長です。

先日、関東信越税理士会川越支部の特別研修会に出席しました。今回のテーマは「消費税の軽減税率制度」。

Kz201907c

今年の10月から消費税の税率が8%から10%に上がり、そのうち食料品等については8%据え置きになる、ということはほとんどの方がご存知のことかと思います。そして、この内容はそれほど難しいものではないと思われています。

しかし、現場レベルではかなり難しい内容なのです。

そもそも「食料品」とは何でしょう?「え、そりゃ食べ物に決まってるでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、スーパーで売っている冷凍ハンバーガー(自宅で加熱して食べるもの)は食料品ですが、ハンバーガーショップで売っているハンバーガー(調理済みでそのまま食べられるもの)はどうでしょう?

この場合、テイクアウトしたら食料品ですが、店内で食べたらそれは「外食」であり食料品ではなくなってしまいます。つまり、消費税の税率が変わってしまいます。

これらのことはレジシステムを新しくすれば対応可能でしょう。しかし、実際に店頭で店側と客側でトラブルにならないかどうか、は別物です。「対税務署の対応」と「対顧客の対応」は全くの別物なのです。このため、今回の改正では「対税務署の対応」だけでなく、「対顧客の対応」のための社員教育など、多くの対策が必要となるのです。

さらに4年後にはインボイス導入という大きな問題も待ち構えているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月26日 (金)

売上を、減らそう

所長です。

中村朱美氏著の「売上を、減らそう」。

Hyakushoku

会社の状況を良くしようと思った時、大抵の方は「今よりも売上を増やそう」と考えます。「今よりも売上を減らそう」と考える人はあまりいないでしょう。

しかし、会社経営における肝はキャッシュフローです。キャッシュフローを最大化するために「売上をどうするか」「コストをどうかけるか」「在庫をどう持つか」など、様々なことを考えるのです。

著者の経営する飲食店、佰食屋では100食限定。メニューは代表メニューのステーキ丼を含む3品のみ。人気店のため、ランチで完売してしまうので夜の営業はなし。品数が少ないため、人員も最少人数で回すことができ、勤務時間も短くて済みます。食材も毎日同じ量だけしか使わないので廃棄ロスも削減。

そうです、あえて売上を押さえることでキャッシュフローを最大化したのです。

売っても売っても利益が出ない、資金繰りが厳しい、という方はぜひ自社のビジネスモデルを再確認してみてはいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月25日 (木)

誤解だらけの税務調査実務とその対策

所長です。

先日、大宮ソニックシティで開催された関東信越税理士会全国統一研修会に出席しました。

今回のテーマは「誤解だらけの税務調査実務とその対策」。

Kz201907b

今回の講師は元国税専門官、つまり「調査する側」だったため、税務調査に関わる重要論点が盛り沢山でした。

しかし改めて感じたのは、大切なのは「調査に来られた時にどうするか」ではなく、「普段からどうしているか」です。

前者は「普段のいい加減さを取り繕う」だけであり、後者は「普段から良い状態をキープしている」ことを目指します。さて、どちらが会社にとって健全な方向性でしょうか。

会社の健全性とは「納税額の多寡」ではなく、もっと他の部分にあります。そもそも会社が健全な状態なのであれば、税務調査も怖くないのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月24日 (水)

ゲット・ウェット!

所長です。

昨日書いた東京ディズニーシー(以下、「TDS」)の件ですが、ここ最近のTDSの夏休みは「パイレーツ・サマー」。「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界を堪能することができます。

Tds201907d

本企画のメインは何と言っても水上ショーの「ゲット・ウェット!」。最近のテーマパークで夏イベントとして定着しつつある「びしょ濡れショー」です。こちらでは海賊たちにびしょ濡れにされます。私もしっかりびしょ濡れにして頂きました。

Tds201907e

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の主人公ジャック・スパロウに水をかけてもらえば、ゲストも大喜び。今年も、ミッキーマウスなしでも大盛り上がりのTDSでした。

ところで、現在、入場チケットからアトラクションのファストパス取得、ショーの抽選、レストランの予約、グッズの購入などスマートフォンの専用アプリでできるようになりました。アトラクションの列に並びながら他のアトラクションのファストパスを取得したり、売店で売っているグッズの購入ができたり、とパーク内での過ごし方が変わります。これもまたミッキーマウスに頼らないパークづくりですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月23日 (火)

ソアリン、オープン!

所長です。

今日は東京ディズニーシー(以下、「TDS」)の新アトラクション、ソアリンのオープン日です。きっと多くのゲストで賑わっていることでしょう。

ところで、
実は先日、家族とTDSに遊びに行った時のこと。なんと、まだオープン前のソアリンのテスト運行をやっていました!開園後10分程度でのタイミングで気付いたのですが、もうすでに長蛇の列。

Tds201907a

なんと待ち時間は200分。ファストパスも夕方。実はこの時、すでに他のファストパスを取得していたので、次のファストパス取得ができる頃には完売確実。かと言って3時間以上並ぶ覚悟もありません。

Tds201907b

以前、カリフォルニアで乗っているから、と言い聞かせ、ソアリン仕様のポップコーンで我慢しました。

Tds201907c

テスト運行、これからは要注意です。ひとつ経験値が上がりました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月22日 (月)

今、なぜ働き方改革が必要なのか?

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、西部地区会7月例会に出席しました。

今回の報告者は社会保険労務士の印牧政彦氏、「今、なぜ働き方改革が必要なのか?」。

Doyu201907f

現在、施行されている「働き方改革法案」。企業経営にも大きな影響を及ぼす、と懸念されています。

しかし、この働き方改革を「額面通り」に対応すると一体どうなるでしょう?会社は良くなるのでしょうか?社員は幸せになるのでしょうか?

もしも「休みを増やすこと」が重要なのであれば、究極的には「365日、毎日休み」になります。これでは会社は存続できません。会社が存続できなければ給料をもらうことができません。給料がもらえなければ生活できません。つまり、休日だけを追い求めると結果的に生活が困窮してしまいます。

かと言って、過酷な環境で働かせ続けることも良くありません。大切なのは「社員が幸せを感じられること」でしょう。そのために会社は何に取り組まなければならないのか。そこに本当の「働き方改革」があるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月19日 (金)

7/20は中小企業の日

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会主催の中小企業応援サミットに出席しました。今回で3回目となりますが、今回も多くの行政からもお集まり頂きました。

Doyu201907e

現在、様々な地域で振興条例が制定されていますが、最近では地域の中小企業が関わっているケースが増えています。それによって振興条例の中身も中小企業主体のものになりますし、中小企業側にもよい意味での責任感が生まれます。

中小企業は庇護される存在ではなく、自ら地域社会に貢献すべき存在です。行政にはその応援をして頂きたいと思うのです。そのためにはまず中小企業側の自助努力が必要になります。つまり、「応援したくなる存在」にならなければならないのです。

さて、明日7月20日は「中小企業の日」です。ぜひ中小企業の魅力を発信しましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月18日 (木)

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

所長です。

現在、劇場公開中の「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」。

Spiderman201907

劇場版スパイダーマンといえば、トビー・マグワイア主演の3部作、アメイジング・スパイダーマンの2部作、そして本作を含むアベンジャーズ・シリーズの2部作が公開されて、人気になっています。本作は「アベンジャーズ・エンドゲーム」の後日談として描かれており、アベンジャーズの一員としてのスパイダーマンという位置づけです。

シリーズごとに俳優や監督も違い、テイストも違うので、それぞれ見比べてみるのも面白いかもしれませんね。初期シリーズではMJ役に「エターナル・サンシャイン」や「マリー・アントワネット」のキルスティン・ダンストが配役されてますし、本シリーズでは「グレイテスト・ショーマン」のゼンデイヤが配役されていて、それぞれ全くカラーの違うヒロインとして描かれているのも面白いですね。

決定的に違うのは本シリーズの場合、アベンジャーズ・シリーズに組み込まれている点であり、本作のストーリーをしっかり理解するためには他のアベンジャーズ・シリーズ(特に「アベンジャーズ・エンドゲーム」は必須でしょうか)を観ておく必要があります。

それにしてもマーベルのアベンジャーズ・シリーズは本作で23作目。さすがに全部抑えるのは大変ですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月17日 (水)

返り咲きのバラ

職員の今井です。

我が家では、6年位前にバラの苗を植えて育てています。年々大きくなって、今年はこんな感じ。

Imai201907a

アーチ形に仕立てて、過去最高に花を咲かせてくれました。このバラは、咲き始めは黄色、花が終わりかけてくるとピンク色に変わっていくという品種で、約1カ月、そこだけ華やぎ、ご近所さんも「綺麗に咲いたね」と褒めてくださいます。

でもバラって基本的には一季咲きで、初夏に花が咲けば、また来年ね~という感じで、後は肥料をあげたり、剪定をしたり、害虫や病気の予防など、地道な作業が続きます。

ところが今年は株の勢いがよく、剪定したあとからまた新芽が出て、蕾がつき、返り咲きをしてくれました。

Imai201907b

写真では見えにくいですが、蕾もいくつかあります。初夏のバラに比べたら、花数も少なく小ぶりですが、十分に綺麗です。俄然、地道なお手入れも楽しくなってきました。

今年は天候が不順で、日照不足も心配されていますね。花の命は短くて・・・でも、来年に繋げていけるよう、楽しみながらお手入れをしていこうと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月16日 (火)

オリジン

所長です。

ダン・ブラウン氏著の「オリジン」。

Orijin

著者の人気シリーズ、ラングドン・シリーズの最新刊。「天使と悪魔」、「ダ・ヴィンチ・コード」、「ロスト・シンボル」、「インフェルノ」に継ぐ5作目です。本シリーズはトム・ハンクス主演で映画化もされているので、ご存知の方も多いでしょう。

本作ではスペインを舞台に、いつも通りラングドン教授が謎に迫ります。サスペンス作品としてのエンターテイメントを楽しむことも出来ますが、「人間性」や「人類の未来」について大いに考えることのできる内容になっています。本シリーズでは「歴史」や「宗教」に関わる謎を上手く組み込んだストーリーが人気ですが、本作でもその期待を裏切らないでしょう。

内容が内容だけに、宗教側からの反論やクレームはあるかもしれませんが、娯楽作品として十分に楽しめる作品です。その上で、歴史や宗教に秘められたエピソードにも触れられるため、知的好奇心もくすぐられるのではないでしょうか。

本作の舞台がスペインだけに、スペイン旅行に行ってみたくもなりますね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月12日 (金)

ワンダー

所長です。

2015年に児童向けの書籍として発売され、2017年に映画化された「ワンダー」。

Wonder

主人公のオギーは10歳の男の子。生まれつきの遺伝子疾患により顔が変形しているが、それ以外は「普通」。しかし、顔が変形しているだけで「普通」の扱いを受けられない。

本作を観ると、人が持っている「偏見」について改めて考えさせられます。「見た目」や「第一印象」も大切ですが、人の価値はそれだけで計れるものではありません。

本当の人の価値とは「心の豊かさ」ではないでしょうか。本作ではオギーと触れ合った人たちがそこに気付いていきます。

ぜひ家族と一緒に観たい良作です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月11日 (木)

幸せな職場の経営学

所長です。

前野隆司氏著の「幸せな職場の経営学」。

Maenoshiawasena_20190704194701

「幸せな職場」と聞いてどんな職場を想像されますでしょうか?

「毎日、定時で帰れる職場」「休みが多い職場」「給料が多い職場」などなど色々な声が聞こえてきそうです。でも今あげた例はどれも「待遇」ですよね。

もし「休みが多い」のが良いのであれば、最高の職場は「365日、毎日休み」の職場ですよね。もし「給料が多い」のが良いのであれば、最高の職場は「みんなの給料の合計が売上高よりも多い」職場ですよね。どちらも倒産間違いなしですね。又、もし「定時で帰れる」のが良いのであれば、人によってこなせる仕事量が変わるので給料格差が今まで以上に開きそうですね。

つまり、待遇面を追求すると結果として「幸せな職場」が遠のいてしまいます。

ではどんな職場が「幸せな職場」なのでしょう?それは「働きたくてたまらない職場」なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月10日 (水)

同友会は経営者の宝島

所長です。

先日開催された中小企業家同友会全国協議会の定時総会、記念講演は東京同友会の株式会社吉村、橋本久美子社長による「同友会は経営者の宝島」。

Doyu201907c

同社は「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」も受賞し、経済産業省の「はばたく中小企業300社」にも選ばれています。今の状態だけ見れば「立派な会社」です。しかし、橋本氏が事業承継した時、会社の状態は今とは全く違いました。

リーマンショック後、右肩下がりで下がり続ける売上。専業主婦だった橋本氏は先代である父親からバトンを受け、「女性の視点」で業績回復を図るも、完全な独り相撲で歯車は狂う一方でした。

しかし、社員への権限移譲により状況は一変。社長からの指示命令には従わなかった社員たちも、理念に沿って自ら考え、自ら行動することで主体性が発揮されるようになりました。そして今では数々の賞を受賞するまでになりました。

橋本氏はこの成果を「同友会のお蔭」と言います。同友会で学んだことを素直に実践した結果が今の姿なのだそうです。

「学び」には段階があります。「聞いたことがある」「知っている」「分かっている」「出来ている」「よく出来ている」という5段階です。実はほとんどの人が「聞いたことがある」や「知っている」という段階で「学んだつもり」になっています。しかし、現実には「よく出来ている」という段階まで学び続けなければなりません。

この「よく出来ている」という段階に辿りつくためには「実践」が必要です。橋本氏の講演から改めて実践の大切さを感じました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 9日 (火)

日本の未来を創造する主役

所長です。

先日、新宿の京王プラザホテルにて開催された中小企業家同友会全国協議会の第51回定時総会に出席しました。50周年の記念すべき総会です。全国から1800名を超える中小企業経営者が集いました。

Doyu201907b

50年前、同友会の設立に尽力された先輩方、そして50年間の発展に尽力された先輩方のお蔭で自分がこの日を迎えられています。そう考えると感謝しかありませんね。

Doyu201907d

来賓も多数ご参加頂きましたが、行政からは小池百合子都知事にもご参加頂きました。

同友会は「良い経営者、良い会社、良い経営環境」を目指し、「自助努力」を行う団体として活動しています。中小企業は決して庇護してもらう存在ではなく、「日本の未来を創造する主役」として存在しています。

これからの50年を見据え、想いを新たにする総会となりました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 8日 (月)

雨にも負けずに夏祭り

所長です。

昨日は私の住む地域の夏祭りでした。生憎の雨天の中でのお祭りになりましたが、賑やかに執り行うことができました。

Matsuri201907

今では「お祭り」というと有名なお祭りに、観光客として観に行く、という方がほとんどなのかもしれません。もちろん大きなお祭りを観に行くのも楽しいので、それを否定するつもりは毛頭ありません。

しかし、たまには地域のお祭りに「参加」してみるのも良いのではないでしょうか。子供からお年寄りまで、一緒に盛り上がるのも良いものです。たしかに、観光客で賑わうお祭りとは比べものにならないほど規模は小さいですし、すべてが手づくり感満載です。運営も担ぎ手もみんな素人です。だからこそ、全ての人が当事者になれるのです。

人生を豊かにするためには「傍観者」ではなく「当事者」になることです。ことの大小で優劣を決めることではありません。小さなことでも「当事者」になることで、苦労もあるかもしれませんが得られる喜びもまた多いのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 5日 (金)

無料相談会の上手な利用法

所長です。

先日、市役所にて無料税務相談を担当させて頂きました。

Kz201907a

毎回、無料税務相談の担当をさせて頂くと思うことなのですが、「上手な相談者」と「下手な相談者」がいるんです。ではどんな方が「上手な相談者」なのでしょう?

それは
・相談内容が明確な方
・相談内容を家族間でも検討してきた方
です。

無料相談会では時間が限られている(今回は30分)ので、無駄な話をしている暇はありません。なかには「何を相談したいのか分からない」という方もおり、相談会場まで来られた時間と労力がもったいなく感じてしまいます。

又、相談内容の多くは相続や贈与の内容であり、家族の意向が大きく影響するため、「本人の思い込み」だけでは着地点を大きく誤ってしまうおそれがあります。

もちろん「そうは言っても、素人なので何が問題なのか、何が必要なのか、それが分からないんだ」という方もいらっしゃると思います。そんな場合は無料相談会ではなく、お近くの会計事務所で有料相談された方が良いケースも多々ある気がします。

折角の機会ですから、上手に無料相談会を利用して頂けると幸いです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 4日 (木)

高尾山登山

職員の宮沢です。

先日、事務所内で高尾山に行ってきました。

私にとっては初めての高尾山です。正直余裕だと思っていました。。。

しかし、いざ登り始めると以外とキツイ。。。特に展望台までがつらかったです。

登り始める前に所長から「全員無事登って降りてくるように」とのミッションがあたえられましたが、達成できるか不安でした(笑)

途中から雨が降り始めたり、天気があまりよくなく展望台からの景色はいまいちだったりと少し心残りはありますが、全員無事、頂上まで登って降りてくることができました。

Miyazawa201907a

登山の後は近くの炉端焼きのお店でおいしい食事とお酒を頂きました。

Miyazawa201907b

今回は天気もあまりよくなく、初めての登山だったので周りの景色を見る余裕があまりなかったので、次回は天気のいい日に景色を楽しみながら登りたいと思いました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 3日 (水)

質の高い会議

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会幹事会に出席しました。

同幹事会では毎月の例会企画や会員増強などの取り組みについて意見交換し、様々なことを決定していきます。これって、どの会社でも多かれ少なかれ、役員会やリーダー会議などの名称でやっていることですよね。

Doyu201907a

日本企業は会議の数が多過ぎる、という声も聞こえます。しかし、私は「数」よりも「質」が問題なのではないかと思います。質の低い会議を行うとメンバーのモチベーションは下がりますし、逆に質の高い会議を行うとメンバーのモチベーションは高まります。

メンバーのモチベーションが高まると、目標達成の可能性がグンと高まります。成果の出ている組織というのは、実は質の高い会議を行っていることが多いのです。

では、質の高い会議とはどんな会議なのでしょう?それは「権力者が演説をしている会議」ではなく、「すべてのメンバーが思ったことを素直に発言できる会議」です。実は前者の会議が多いのが問題なのです。そして、後者の会議が良いことは大抵の方が分かっていますが、実際に行うことが難しいのです。

なぜ難しいのか?だって、いつも演説している権力者から急に「なんでも言いたいこと言え」と言われてもなかなか言えないですよね。それに演説型会議に慣れてしまったメンバーは思考停止状態になっていることが多いので、急に「言え」と言われても体が反応できなかったりします。

ということは、質の高い会議を行うためには、質の高い会議ができるための空気を組織内につくっておかなければならないのです。そしてこれは時間が掛かる取り組みでもあるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 2日 (火)

新版、社会人として大切なことは

所長です。

香取貴信氏著の「新版・社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」。

Katoridisneynew_20190630111201

本書は2002年に出版され、その後、文庫本化され、今回さらにリニューアル出版されました。つまり、約20年間に渡って繰り返し読み続けられている、ということになります。

私もオリジナル版、文庫版、そして今回の新版と3冊持っていることになります。当事務所ではインターンシップ生や新入社員の課題図書としても使っていますし、著者である香取氏にセミナーでご講演頂いたこともあります。

本書では高校生だった著者が、東京ディズニーランドでのアルバイトを通じて「働くことの意味」に気付いていくエピソードが語られています。皆様が学生時代にしていたアルバイト、卒業後に就職した時の会社など、働く目的は何だったでしょうか?もちろん中には崇高な目的意識を持っていた方もいるかもしれませんが、大抵の方は「お金のため」だったのではないでしょうか。

お金のための労働と、誰かを幸せにするための労働では、作業としては同じだったとしても喜びには相当の違いが生まれてしまうでしょう。本書にはそんな気付きが沢山あります。だからこそ、長年に渡り愛されているのでしょうね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年7月 1日 (月)

今年も折り返し

所長です。

今日は7月1日。ちょうど今年も折り返し地点、今日から後半戦に突入です。

年頭に立てた目標の進捗はいかがでしょうか?順調でしょうか、それともなかなか進んでいないでしょうか?振り返るにはちょうどいいタイミングですよね。

今月は源泉所得税の納期(納期の特例を受けている場合)が10日にありますし、所得税の予定納税や社会保険の算定基礎届もあります。何かと納付や手続きの多い月でもありますから、十分ご注意下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »