« 中小企業×金融機関×会計事務所 | トップページ | 騎士団長殺し »

2019年6月24日 (月)

真日本人の歴史

所長です。

先日、示道塾特別公開講座「真日本人の歴史」に出席しました。タイトルの通り、「歴史」について学びました。

Shido201906b

私たちは学生時代、かなりの時間をかけて歴史を学んでいます。私は大学受験の時、日本史を専攻していたので、それはもうかなり勉強しました。しかし、学生時代に学んだ歴史の知識と実際にこの国で起きていた史実にかなりのギャップがあることに気付きました。特に「近代史」に。

歴史は常に「勝者にとって都合のよい歴史」が伝えられます。そのため、国家が入れ替わっている地域では、こういったギャップが生じるのも仕方ないと思います。しかし、日本においては権力者が入れ替わることがあっても国家そのものは建国以来、替わっていません。

神代の時代から大東亜戦争までは脈々と日本の史実が受け継がれていました。ところが敗戦をきっかけとしてその史実が受け継がれなくなってしまったのです。源平合戦や織田信長、豊臣秀吉のことは様々なエピソードを知っているのに、たかだか数十年前のことを私たちは知りません。

私たちの先人たちがどんな想いでこの国を創り、護ってきたのか。そこに想いを馳せ、自分に出来ることをやり遂げることが大切なのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 中小企業×金融機関×会計事務所 | トップページ | 騎士団長殺し »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業×金融機関×会計事務所 | トップページ | 騎士団長殺し »