« 東寺展 | トップページ | 一人一人が主人公 »

2019年5月29日 (水)

空母いぶき

職員の宮沢です。

先日、現在公開中の映画「空母いぶき」を観てきました。

Miyazawa201905a

この作品は、戦争をしないと憲法で定めている日本が、正体不明の敵から攻撃を受けた場合どうなるのかを描いています。

現在、当たり前のように毎日を平和に暮らしている私たちですが、この作品のようなことが明日起こっても不思議ではないと感じました。「戦争」と「戦闘」の違い。戦争をしないために戦うということを、様々な立場の人間の視点から描かれています。平和とは何かを考えるきっかけになりました。

戦闘シーンも迫力があるので、皆さんもぜひ劇場の大スクリーンでご覧になってはいかがでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動スタート!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 東寺展 | トップページ | 一人一人が主人公 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東寺展 | トップページ | 一人一人が主人公 »