« 気付きで目覚めた経営者 | トップページ | 承久の乱 »

2019年3月28日 (木)

ボヘミアンラプソディ

所長です。

昨年から話題になっていた映画、「ボヘミアンラプソディ」。言わずと知れたロックバンドQUEENのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた作品です。ずっと観たい、観たいと思いながら先日やっと観ることができました。

Bohemian2019

知っているようで知られていなかったQUEENとフレディの人生。豊かな才能とその陰にある苦悩。強く日の当たる場所には濃い影ができる、という自然の摂理のごとく、フレディにも苦悩で溢れた半生がありました。

本作は全編に渡り、QUEENのヒット曲が流れています。しっかりした映画作品でありながら、ミュージックビデオを観ているかのようなテンポ。しかもラスト20分はまさに圧巻のライブ映像。これは音楽好きだけでなく、多くの方に観て頂きたい作品ですね。

最近感じるのは邦画に比べてハリウッド作品は「幸福感」の描き方が上手、ということ。これは陰徳を美徳とする仏教との宗教観の違いかもしれませんね。もしかしたら「幸福度ランキング」で日本が下位になっている理由がこんな所にもあるのかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動スタート!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 気付きで目覚めた経営者 | トップページ | 承久の乱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気付きで目覚めた経営者 | トップページ | 承久の乱 »