« 社員の激白から始まった企業内総幸福向上計画 | トップページ | ボヘミアンラプソディ »

2019年3月27日 (水)

気付きで目覚めた経営者

所長です。


先日、埼玉中小企業家同友会西部地区会3月例会に出席しました。


今回の報告は滋賀同友会の石川朋之氏、「気付きで目覚めた経営者」。

Doyu201903b
石川氏はプロのバイクレーサーとして活躍していましたが、「経営で日本の若者を元気にしたい」との想いで一念発起して起業、一転して経営者としての道を歩みます。


しかし、元々会社経営とは縁のない生活を送っていた石川氏には物をつくる力も、物を売る力もありません。普通なら「売り物になる力」があるからこそ起業するのですが、石川氏にとってそれがないことが幸いしました。


何が幸いしたのか。それは「当たり前のように人に任せる」ことができたから。普通の経営者は製造技術や営業能力が社内で一番高いため、なかなか人に仕事を任せられません。そのため、無意識のうちに社員の自主性を奪ってしまいます。


さらに石川氏には経営に対する既成概念がなかったため、自社に「殻」をつくることなく、どんどん新たな分野に飛び込んでいくことができます。気が付けば優秀な若者が入社を希望する会社へと成長していましたのです。
 


▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/


▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!


▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。


 



------------------------------------------------
2020年度の採用活動スタート!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 社員の激白から始まった企業内総幸福向上計画 | トップページ | ボヘミアンラプソディ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社員の激白から始まった企業内総幸福向上計画 | トップページ | ボヘミアンラプソディ »