« 翔んで埼玉 | トップページ | 惠みの雨 »

2019年3月 6日 (水)

ほめられたいときほど、誰かをほめよう

所長です。

鳥越恒一氏著の「ほめられたいときほど、誰かをほめよう」。

Homeraretai

人間誰しも「ほめられたい」と思っています。きっと「ほめられたくない」なんて思っている人はいないでしょう。だって、やっぱりほめられたら嬉しいですよね。

しかし、「ほめられたい」と思っているのに全然ほめてもらえなかったら、どうでしょう?きっと多かれ少なかれ、そんな経験もあるのではないでしょうか?そんな時、どんな気分になりましたか?

おそらく、いい気分はしないでしょう。もしかしたら「なんでほめてくれないの?」と怒りや悔しいといった感情を持ってしまうかもしれません。では逆に、どれだけ他人をほめていますか?

自分はほめられたいけれども、自分は他人をほめない、というのでは釣り合いが取れませんね。相手の言動はすべて自分の言動を映し出す鏡です。欲しいものが手に入らない時ほど、自分の言動を振り返ってみるといいのかもしれませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 翔んで埼玉 | トップページ | 惠みの雨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 翔んで埼玉 | トップページ | 惠みの雨 »