« ホワイト企業大賞、受賞! | トップページ | 歴史を忘れた民族は滅びる »

2019年2月 1日 (金)

江戸プロジェクト

所長です。

門井慶喜氏著の「徳川家康の江戸プロジェクト」。

Edoproject

先日、NHKで放送されたドラマ「江戸を建てる」の著者が作品のバックボーンを振り返ります。徳川家康が豊臣秀吉により駿河からの国替えにより本拠地に据えたのが江戸。しかし、客観的に考えれば小田原に本拠地を置くのが順当でしょう。

北条氏の居城として栄えていた小田原に対し、江戸は湿原の広がる僻地でした。そのままでは人が住むには適さない江戸を本拠地として選んだ家康の本心とは?非常に興味深く読みました。

江戸に大きな可能性を感じた直感、そして江戸を開拓する行動力。何よりも事実上の島流しである国替えにもめげないメンタル。これこそがリーダーたる器なのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« ホワイト企業大賞、受賞! | トップページ | 歴史を忘れた民族は滅びる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイト企業大賞、受賞! | トップページ | 歴史を忘れた民族は滅びる »