« 小さな町工場から世界へ | トップページ | 思索力 »

2018年12月14日 (金)

人を生かす就業規則と経営指針

所長です。

先日の全県経営研究集会、記念講演は香川同友会の林哲也氏、「人を生かす就業規則と経営指針」でした。

Doyu201812b

就業規則というと皆様はどんな印象をお持ちでしょうか。

もしかしたら、「経営者が一方的に作って、社員は誰も中身を見たことがない」なんてことはないでしょうか。

実際に「社員から訴えられても、会社側が負けないように」という意向でつくられた就業規則は少なくありません。これでは就業規則の存在価値が疑われてしまいます。

林氏は社員と一緒に就業規則をつくるべき、と言います。そして、それを毎年見直すこと。社員が「参画者」になることで様々な良い効果があるはずです。

これは何も就業規則だけに限りません。経営理念、経営ビジョン、経営計画などについても社員を参画させるべきでしょう。そのために時間がかかったり、紆余曲折があったりするかもしれません。しかし、組織が単なる「集団」から「チーム」になるためには必要なプロセスなのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2019年のスタートは経営方針発表会から!
今年のテーマは・・・

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 小さな町工場から世界へ | トップページ | 思索力 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな町工場から世界へ | トップページ | 思索力 »