« 社員を大切にするから黒字になる | トップページ | 小さな町工場から世界へ »

2018年12月12日 (水)

消費税の軽減税率と日本型インボイス制度

所長です。

先日、TKCの研修で「消費税の軽減税率と日本型インボイス制度」を受講しました。

Tkc201812a

来年の10月から消費税の税率が8%から10%にあがることは皆様ご承知の通りです。ただ、今回の改正は単に税率があがるだけでなく、「軽減税率」という新たな制度が組み込まれます。

最近ではTVのニュースやワイドショーでも取り上げられていますが、食料品等については来年の10月以降も引き続き8%となる、というものです。

一見、良い制度のように思える本制度ですが、実は様々な問題を孕んでいます。そもそも食料品等の線引きはどうなるのか。実際には極めて難しい判断を迫られます。

そして、5年度にはインボイス制度もスタートします。インボイス発行の事務負担もさることながら、今まで消費税の納税義務を負わなかった零細企業にも事実上、納税義務を負わせる形になります。

この消費税の改正に対して、中小企業の対応は遅れ気味のような気がします。ぜひ早めの対応をおすすめ致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2019年のスタートは経営方針発表会から!
今年のテーマは・・・

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 社員を大切にするから黒字になる | トップページ | 小さな町工場から世界へ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社員を大切にするから黒字になる | トップページ | 小さな町工場から世界へ »