« 社長の仕事は人づくり | トップページ | オズの世界 »

2018年11月21日 (水)

モニタリング情報サービス

所長です。

昨日はTKC関東信越会理事会でした。

Tkc201811b

税理士業界では12月から5月が繁忙期と言われています。年末調整、確定申告、法人3月決算と続く半年間です。

通常なら繁忙期を目前に「新たな取り組み」は避けるところでしょう。しかし、TKCではお構いなし。だって、忙しいのはこちらの都合であり、お客様の都合ではないのですから。

現在、TKCでは「モニタリング情報サービス」という新たなサービスを展開中です。これは中小企業の決算書を会計事務所からインターネットでダイレクトに金融機関へ送信する、というもの。今までは申告後に決算書のコピーを金融機関に手渡ししていたものが、インターネットで自動送信されるのです。

このサービスのメリットは単に「決算書のコピーをとる手間が省ける」だけでなく、「金融機関からの信頼性が増す」ところにあります。

実は金融機関は中小企業の決算書に対してある種の疑念を抱いています。「これは税務署に提出した決算書と同じものか?」「他の金融機関にも同じものを提出しているのか?」「そもそも粉飾していないか?」

このサービスを利用することで、上記のような疑念を解消することにつながります。金融機関によっては金利優遇などの特典を受けられることもありますから、ぜひご利用頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営環境は常に変化している!
環境変化に対応する経営とは?
経営支援セミナー2018、開催!!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 社長の仕事は人づくり | トップページ | オズの世界 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社長の仕事は人づくり | トップページ | オズの世界 »