« 租税教育の無いところに健全な財政は無い | トップページ | モニタリング情報サービス »

2018年11月20日 (火)

社長の仕事は人づくり

所長です。

ドクターリセラ社長の奥迫哲也氏著の「社長の仕事は人づくり」。

Hitodukuri

著者は漢方薬局を経て、エステ業界に進出。海洋深層水を使用した化粧品で人気を博し、その業績を拡大しています。

しかし、顧客からのクレームで「いい商品をつくればそれでいい」という考えでは会社経営に限界があることに気付きます。本当に大切なのは「商品づくり」よりも「人づくり」であった、と。

そこから著者の勉強の日々が続きます。社員教育に力を入れている会社があればベンチマークに行き、自社に取り入れます。少しずつ会社は成長し、今では顧客から感謝の手紙が届くようになりました。

ただ、社員が教育によって変わったから会社が成長したのでしょうか?もちろん教育の成果はあると思います。しかし本当に変わったのは経営者自身なのです。顧客からのクレームで「このままではいけない」と経営者が本気で考えたからこそ、会社が成長したのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営環境は常に変化している!
環境変化に対応する経営とは?
経営支援セミナー2018、開催!!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 租税教育の無いところに健全な財政は無い | トップページ | モニタリング情報サービス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 租税教育の無いところに健全な財政は無い | トップページ | モニタリング情報サービス »