« 近江商人の哲学 | トップページ | 目標を達成する、ということ »

2018年10月31日 (水)

森のように生きる

所長です。

今日で10月も終わり。いよいよカレンダーの残り枚数も少なくなってきましたね。

さて、今年のホワイト企業大賞を受賞した森へ社長の山田博氏著の「森のように生きる」。

Morihe

森へは森林体験をする「森のリトリート」を主宰しています。日帰り体験コースもありますが、基本的には3日間を森で過ごし、「感じる」ということを体験します。実は私は日程が合わずまだ体験できていないのですが。

山や海など自然を感じられる場所は色々ありますが、森は生活圏から身近な自然であり、身軽に行くことができ、さらに多種多様な生物(動物、植物、菌類など)が共生している場であり、「感じる」のに最適な場所なのだそうです。

私たちは無意識のうちに文明機器に囲まれ、情報が氾濫し、「視る」「聴く」「嗅ぐ」「味わう」「触れる」といった五感が鈍くなり、直感力も失いつつあります。森のリトリートを体験された方は「感じる」体験を通して、「感じる」ことの重要性を知り、定期的にリピートされたり、社員教育のプログラムに取り入れている会社もあるようです。

私もぜひ来年は森のリトリートを体験したいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営環境は常に変化している!
環境変化に対応する経営とは?
経営支援セミナー2018、開催!!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 近江商人の哲学 | トップページ | 目標を達成する、ということ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近江商人の哲学 | トップページ | 目標を達成する、ということ »