« 快晴の川越祭り | トップページ | 自社の未来のために何を学ぶのか »

2018年10月23日 (火)

オフィスのゴミ

所長です。

Bリーグの千葉ジェッツふなばし社長の島田慎二氏著の「オフィスのゴミを拾わないといけない理由をあなたは部下にちゃんと説明できるか?」。

Chibajetz

現代の日本では昔に比べて楽しめるスポーツが増えています。昔はTVでのスポーツ中継というと野球か相撲でしたが、今ではサッカーやテニス、卓球にバトミントンと幅広くTV中継されます。

しかし、バスケットボールはまだまだ認知度が低いまま。プロリーグのBリーグが発足していること自体、知られていなかったりします。

TV中継があるかないかで、その試合で動くお金の額が圧倒的に変わります。つまり、TV中継のないマイナースポーツでは、その運営費に窮しているのが現状です。

ということは、Bリーグのチームである千葉ジェッツふなばしにも潤沢な運営資金がある訳ではないことが容易に窺えます。つまり、千葉ジェッツふなばしも純然たる中小企業だ、ということです。

経営資源に乏しい千葉ジェッツふなばしではどうやって切り盛りしているのか。実はそこにはテクニカルなものよりも、経営理念の浸透という「あり方」が大切にされています。そして経営理念の浸透により会社が成長するかどうかは「経営者の覚悟」次第と島田氏は言います。

「理念でメシが食えるか」と反論される方もいますが、実際に理念経営をされている方は口を揃えて「理念でしかメシは食えない」と言います。皆様はどう感じますか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営環境は常に変化している!
環境変化に対応する経営とは?
経営支援セミナー2018、開催!!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 快晴の川越祭り | トップページ | 自社の未来のために何を学ぶのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 快晴の川越祭り | トップページ | 自社の未来のために何を学ぶのか »