« インターンシップ報告会 | トップページ | 快晴の川越祭り »

2018年10月19日 (金)

ドリーム

所長です。

先日、WOWOWで放送されていた映画「ドリーム」を観ました。

Dreamjpg

本作品は、まだ黒人に対する差別が残る時代にNASAで働いた女性の実話を描いたもの。当時、NASAには数学の能力の高い黒人女性が多数勤務していました。しかし、黒人女性だからという理由で高い地位を与えられずにいました。

本作品を観て、改めて「チャンスは与えられるものではなく、掴む準備ができている者にだけ訪れる」ということを感じました。本作品の主人公達は自らの不遇を嘆くのではなく、自ら未来を切り拓く生き方を選択しました。果たして私達は自分の不遇を嘆かず、自らの未来を切り拓く努力ができているでしょうか?

又、経営者の方は自身の会社の中に不遇な日々を送っている社員はいないでしょうか?一人一人の能力を発揮させているでしょうか?

色々なことを考えさせてくれる良作です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営環境は常に変化している!
環境変化に対応する経営とは?
経営支援セミナー2018、開催!!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« インターンシップ報告会 | トップページ | 快晴の川越祭り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インターンシップ報告会 | トップページ | 快晴の川越祭り »