« TKC会計事務所だからできる企業防衛 | トップページ | ファインプレーよりも凡プレー »

2018年10月 4日 (木)

マツダがBMWを超える日

所長です。

山崎明氏著の「マツダがBMWを超える日」。

Matsudabmw

皆様は「ブランド」と言われて何を思い浮かべるでしょうか。

実はブランドにも二種類あるそうです。マスブランドと言われる、日常的に使うもので安心して使えるという信頼感のあるもの。そして、高級志向で所有者として高揚感を得られるプレミアムブランド。

少品種大量生産の時代が終わり、マーケットは付加価値を求めています。企業はこぞってブランディング戦略に走りますが、なかなか思うような結果が出ていません。

これは元々日本は「安いけれども高品質」という安心感で勝負してきた経緯があるからです。つまり、マスブランド。プレミアムブランドの市場では、レクサスとベンツが同価格であってもベンツが売れてしまうのです。

今後、日本企業がプレミアムブランドの市場で勝負していくためには今までのマスブランドの延長戦ではいけないのです。その意味で有望株はなんとマツダなのだそうです。たしかに最近のマツダ車を見ていてその傾向を感じます。

さて、皆様の会社ではいかがでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
未来ではなく、今すでにある技術!
最新技術から体感し、学ぶセミナー!
優良企業視察セミナー2018、今年はチームラボ!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« TKC会計事務所だからできる企業防衛 | トップページ | ファインプレーよりも凡プレー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TKC会計事務所だからできる企業防衛 | トップページ | ファインプレーよりも凡プレー »