« 出光佐三、人を動かす100の言葉 | トップページ | 千里の道も一歩から »

2018年9月27日 (木)

組織の自主運営こそ経営者の学び

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会の役員研修に出席しました。今回の報告は愛知の高瀬金型、高瀬喜照氏、「同友会とと企業経営は不離一体で取り組む~組織の自主運営こそ経営者の学び」。

Doyu201809b

高瀬氏は20代前半で独立し、兄弟で小さな町工場を始めます。10数年、経営者というよりは職人として働いていましたが、ある日、知人から誘われて中小企業家同友会に入会します。そこで今まで自分がしてきたことは「経営」ではなかったと衝撃を受け、素直に学び始めます。

例会には毎回出席。他の会員から信頼された高瀬氏は次第に役職を引き受けるようになります。役職を受ける過程の中で「組織づくり」を経験することになります。50人の組織を動かす経験をした高瀬氏は会社でも新卒雇用に取り組み、同友会入会時は5人しかいなかった社員は今や100人になりました。

同友会で学んだことをそのまま会社で実践する。その繰り返しをしてきただけ、と高瀬氏は謙虚に言いますが、実は学んだことを素直に実践することは意外に難しいものです。業種が違うから、優秀な社員がいないから、今は景気が悪いから、と出来ない理由のオンパレードになる人がほとんどなのです。

又、実践したけど成果が出ない、と諦めてしまう人もいます。しかし、何事も出来るようになるまでには時間がかかります。ましてや組織としての成果であれば尚更です。待ちきれずに経営者が口を出してしまうと組織の自主性は失われます。

学んだことを実践する素直さ、成果が出るまで我慢する覚悟。それが経営者に求められているものなのだ、と改めて感じました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
未来ではなく、今すでにある技術!
最新技術から体感し、学ぶセミナー!
優良企業視察セミナー2018、今年はチームラボ!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 出光佐三、人を動かす100の言葉 | トップページ | 千里の道も一歩から »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出光佐三、人を動かす100の言葉 | トップページ | 千里の道も一歩から »