« すべて想定内 | トップページ | 日本一学生が集まる中小企業の秘密 »

2018年9月 3日 (月)

日本のワインで奇跡を起こす

所長です。

今日から子供たちは新学期ですね。大人にとっては、今年も残り3分の1、という時期です。とりあえず気分一新で頑張っていきましょう。

さて、中央葡萄酒の三澤茂計氏、彩奈氏共著の「日本のワインで奇跡を起こす」。

Nihonwine

日本でもワイン人気が高まり、多くの店で気軽にフランスやイタリアの美味しいワインを楽しめるようになりました。その一方で日本産のワインには「安かろう、悪かろう」のイメージがあります。

そんな中で「世界で通用するワイン」づくりに本気で取り組んでいる地域があります。それは山梨県勝沼。日本有数のぶどうの産地でもある勝沼で、国産ぶどうである「甲州」で美味しいワインをつくるため、日夜努力を重ねています。著者のワイナリーもその一つ。

誤解されていることも多いのですが、甲州ワインとは山梨県でつくられたワインではなく、甲州というぶどうでつくられたワインのこと。元々甲州は薬用として栽培されており、ワインづくりには向かない品種と言われていました。

しかし、栽培方法や醸造方法の試行錯誤の積み重ねで、世界で認められる甲州ワインがつくられるようになりました。情熱が不可能を可能にする、そんな想いを強く持てる一冊です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
未来ではなく、今すでにある技術!
最新技術から体感し、学ぶセミナー!
優良企業視察セミナー2018、今年はチームラボ!

詳しくはこちらから
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« すべて想定内 | トップページ | 日本一学生が集まる中小企業の秘密 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すべて想定内 | トップページ | 日本一学生が集まる中小企業の秘密 »