« 末広がりのリーダーの姿勢 | トップページ | 日本人でよかった »

2018年7月13日 (金)

ダントツ企業

所長です。

宮永博史氏著の「ダントツ企業」。

Dantotsu

今のご時世、果たして景気が良いのか悪いのか、判断が難しい状況です。株価などの経済指数だけ見れば景気が良い、と言えるのかもしれませんが、多くの中小企業は依然として厳しい経営を強いられています。

もはや「景気」のことを気にしても仕方ないのかもしれません。他社の業績がどうであろうと、自社はしっかりと地に足をつけて、強靭な経営を継続していくしかありません。

事実、世の中には苦しむ同業他社をしり目に、好業績をあげている企業も少なくありません。本書ではそんなダントツ企業7社が紹介されています。

業績不振にあえぐ企業に同調するのか、それともダントツ企業から学ぶのか。そこに中小企業のこれからの岐路があります。どちらを選択するかは経営者次第なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« 末広がりのリーダーの姿勢 | トップページ | 日本人でよかった »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 末広がりのリーダーの姿勢 | トップページ | 日本人でよかった »