« 都合のよい節税 | トップページ | 古民家で暑気払い »

2018年7月24日 (火)

人を大切にする経営学講義

所長です。

法政大学教授であり、人を大切にする経営学会会長でもある坂本光司氏著の「人を大切にする経営学講義」。

Sakamototaisetsukougi

「日本でいちばん大切にしたい会社」で有名な著者ですが、経営書としては異例のヒットで6巻まで刊行され、70万部を売り上げています。本書はその総括ともいえる内容です。

「日本でいちばん大切にしたい会社」を読まれた方にとっては復習にもなり、まだ読まれていない方にはイントロダクションになるかもしれません。

行き過ぎた成果主義では会社は成長せず、最後は顧客も地域も社員も離れていってしまいます。今まで「日本的経営」と呼ばれた家族主義的な経営こそが会社を成長させる、ということに世の中が今更ながらに気付かされたのではないでしょうか。

そして、大企業が成果主義を追って衰退していく一方で、家族主義で力強く生き残っている中小企業が各地に沢山あります。それは家族主義の正当性を裏付ける一方で、企業の強さの本質は規模ではない、ということにもつながります。

規模は小さくとも、社員が輝きながら働いている現場こそ、未来への光明ではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« 都合のよい節税 | トップページ | 古民家で暑気払い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都合のよい節税 | トップページ | 古民家で暑気払い »