« シブサワスピリットでつなごう未来へ | トップページ | あの会社の新人はなぜ育つのか »

2018年6月26日 (火)

働く現場から見えてきた企業の未来

所長です。

先日開催された女性経営者全国交流会、二日目には記念講演、「働く現場から見えてきた企業の未来」が行われました。

講師に埼玉中小企業家同友会、代表理事の久賀きよ江氏、コメンテーターとして立教大学名誉教授の山口義行氏、コーディネーターとして第一勧業信用組合理事長の新田信行氏という豪華な顔合わせ。

Doyu201806f

この中で経営者に求められる能力が3つ上がりました。

一つ目は「読む力」。経営者は時流を読んで、時流に合わせた経営を行わなければなりません。

二つ目は「問う力」。常に「なぜ」と問い、物事の本質をつかむことで、経営の打ち手に科学性を持たせることができます。当てずっぽうの経営では戦略と呼べるものはなく、ギャンブルに等しいものになってしまいます。

最後に「つなぐ力」。ビジネスは所詮、人が行うもの。とすれば、やはり物を言うのは人間関係です。いかにご縁をつないでいけるかが経営者にとって最大の能力かもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« シブサワスピリットでつなごう未来へ | トップページ | あの会社の新人はなぜ育つのか »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シブサワスピリットでつなごう未来へ | トップページ | あの会社の新人はなぜ育つのか »