« 経営者を叱る | トップページ | 谷根千散策 »

2018年5月22日 (火)

節税に経営計画

所長です。

先日、TKCの研修にて、平成30年度税制改正について学びました。今回、超目玉となる改正はありませんが、マイナーチェンジされた項目もあり、中小企業経営者にとっては要注意の内容となっております。

Tkc201805a

細かい改正は多々ありますが、中小企業経営者にとって気を付けて頂きたいのは「事業承継」と「所得拡大」の2点でしょう。

「事業承継」では自社株に関わる相続税の取り扱いがマイナーチェンジ。納税猶予の条件が緩和され、今までよりも使い勝手がよくなりました。

「所得拡大」では従業員への給与支払を拡大させた場合の減税についてマイナーチェンジ。適用要件がシンプルになりました。

しかし、いずれも適用を受けるためには「経営計画」の提出が(基本的に)求められます。一部、不要な場合もありますが、提出しておいた方が無難でしょう。

つまり、今回の改正において、節税にも経営計画が必要、という方向性が示されたのです。当事務所では中小企業の経営計画づくりをしっかりサポートさせて頂きますよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« 経営者を叱る | トップページ | 谷根千散策 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営者を叱る | トップページ | 谷根千散策 »