« 学んで実践、経営革新 | トップページ | 現場を強くするリーダーの原理原則 »

2018年5月25日 (金)

日本列島祈りの旅

所長です。

天外伺朗氏著の「日本列島祈りの旅」。

Tengeinori01

AIBOの開発者として名高い著者が日本各地に封じ込められたアイヌの怨念を解放する、という企画。なにやらオカルトじみた話ですが、著者によるとアイヌは元々日本列島に住んでいた原住民。大陸から渡ってきた他民族はその原住民を駆逐し、新しい国家を樹立します。それが今の日本。(もちろん諸説あります)

平安時代になると征夷大将軍という役職までつくり、東北に残った原住民を北海道にまで追い詰めます。その戦いの歴史の中で各地にその痕跡が残っている、と。これは何も日本だけの話ではなく、世界各地で起こっていたことの一つ。発見が遅かったアメリカ大陸でも原住民のインディアンは駆逐され、今でも苦しい生活を強いられています。

本書はオカルトじみた部分もありながら、AIBOの開発者らしく脳科学の分野も織り交ぜ、なぜ怨念の解放が必要か、語られています。これからも著者の「祈りの旅」は続きます。続編の出版を楽しみに待ちたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« 学んで実践、経営革新 | トップページ | 現場を強くするリーダーの原理原則 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学んで実践、経営革新 | トップページ | 現場を強くするリーダーの原理原則 »