« 命を使う、ということ | トップページ | 可能性の無視は最大の悪策 »

2018年4月11日 (水)

トップも知らない星野リゾート

所長です。

前田はるみ氏著の「トップも知らない星野リゾート」。

Hoshinotopshiranai

今や軽井沢の温泉旅館、星野温泉というよりも日本を代表するリゾート運営会社となった星野リゾート。運営する施設は40にものぼり、もはや経営者のトップダウンだけで運営できる規模ではありません。現場で働くスタッフ一人一人が自発的に動くことで成り立ちます。

しかし、よく誤解されるのですが「自発的に動く」ということは「好き勝手に動く」のとは違います。もしスタッフ全員が「好き勝手に」動いてしまっては組織が崩壊します。ボートで皆がバラバラにオールを漕いだら前に進まないのと一緒です。

あくまで経営理念に合わせて、どうするべきかをスタッフ一人一人が考えて、必要と思われる行動を取ることが大切なのです。

ではなぜ、星野リゾートではそれができているのか?そこが本書のテーマであり、企業経営の要諦でもあるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« 命を使う、ということ | トップページ | 可能性の無視は最大の悪策 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 命を使う、ということ | トップページ | 可能性の無視は最大の悪策 »