« 日本の経営哲学 | トップページ | 高卒採用は宝の山 »

2018年4月16日 (月)

経営は「基本に忠実」に

所長です。

先日、伊香保にてTKC関東信越会、企業防衛特別研修会に参加しました。

例年、この時期の伊香保は桜が満開になるのですが、さすがに今年は散っていましたが標高の高い場所ではまだ残っていました。

Ikaho201804a

研修会では「会計事務所の経営」について学びましたが、やはり「経営」に特効薬はなく、基本に忠実であることが一番であることを再認識しました。

顧客の嗜好が多様化している現在、全ての要求に応えようとするばかりに様々なものに手を出すと、結果として業務フローが複雑化してしまい、利益が出にくくなってしまいます。自社の強みを活かせるサービスラインに特化し、経営体質を強化することが必要なのです。

Ikaho201804b

会計事務所としてのサービスラインはやはり、「クライアント企業の成長」に貢献できるものでなくてはなりません。そのためには企業防衛(リスクマネジメント)の取り組みは欠かせないのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
ともに熱く中小企業を支援する人財募集中!
我こそは、という方、ご連絡下さい!

詳しくはこちらから
https://job.rikunabi.com/2019/company/r117981079/
------------------------------------------------

« 日本の経営哲学 | トップページ | 高卒採用は宝の山 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の経営哲学 | トップページ | 高卒採用は宝の山 »