« 久々のパウダースノー | トップページ | バッタを倒しにアフリカへ »

2018年2月 1日 (木)

自分の力で切り拓く

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、理事・地区幹事研修会に出席しました。

講師は中小企業家同友会全国協議会、相談役幹事の鋤柄修氏。

Doyu201801d

鋤柄氏は長年に渡り同友会の要職を務めてこられましたが、それに比例して自社を成長させてきました。「同友会運動と自社経営は不離一体」と鋤柄氏はよく言われますが、まさに学んだことを愚直に実践された結果です。

同友会では会員の「自主性」を重んじた運営をしますが、これは会員の「自分勝手」を認めることではありません。鋤柄氏に言わせれば、「自分の力で切り拓くこと」。同友会で鍛えられた会員は経営者としても成長できるはずです。

そのため、融資の際、個人資産を担保に入れるのは「会社に力がないから。すなわち、経営者としての力がないから。」と鋤柄氏は言います。本来、担保に入れるべきは会社の「経営計画書」。

今回も多くのことを学ばせて頂きました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 久々のパウダースノー | トップページ | バッタを倒しにアフリカへ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々のパウダースノー | トップページ | バッタを倒しにアフリカへ »