« 与える人が成果を得る | トップページ | 学びと語らい »

2018年1月25日 (木)

平成30年経営方針発表会

職員の渡辺です。

先日、川越東武ホテルにて弊所の経営方針発表会、賀詞交歓会を開催いたしました。

加えて今年は、経営方針発表会の後に、特定社会保険労務士の山﨑正枝氏を講師としてお招きし、「社員がイキイキ輝く会社」についての特別講演をして頂きました。

Watanabe201801a

プログラムの最初は経営方針発表会。事務所全員がミッションステートメントを発表しました。

今年の事務所テーマは「水面直立」です。水面に板を浮かべて直立することは容易ならざる行為、それが波打つ海面ならば猶更です。移ろいゆく現代社会は正に海面そのもの。その上でしっかり立つために必要なものは、強靭に鍛え上げた足腰と、それを律する平衡感覚。社会という荒波を確かな姿勢で立ちわたる、そのために必要なものを養えるように考え、行動していく。今年一年とは言わず、これからもずっと、そう思い歩んでいきたい目標です。

Watanabe201801b

経営方針発表会の後は特別講演がありました。講師の山﨑氏は「いい会社」のモデルケースとして、ネッツトヨタ南国を挙げながら、「いい会社」とはどんな会社なのかというお話をされました。

同社の運営スタイルを、山﨑氏は具体例を用いつつお話しされました。「マニュアルを作らない」「組織図を作らない」「教えずに育てる」等々……講演で挙げられた具体例は他にも数多くありました。それら全ての共通点は「関わりあう職場」を意識していること、と山﨑氏は仰います。

山﨑氏の熱弁に、講演をお聞きの方も視線と意識が吸い寄せられているようでした。講演では「よい会社」とは一体どういう会社か、という問いにも向き合いました。それはこの講演全体を通しての問題提起でした。その答えが、講演の核と言える重要な問いです。

その問いについて、山崎氏はこれ以上なく明解な一言で「よい会社」を表していました。講演のテーマは「社員がイキイキ輝く会社」でした。

Watanabe201801c

賀詞交歓会では、美味しい料理に舌鼓をうち、ご歓談と共にビンゴゲームで盛り上がりました。ビンゴゲームでは、リーチ宣言された方が「ここで絶対当たる」と宣言するシーンがありました。その直後の抽選でビンゴされました。これには司会も参加者も驚きの表情。会場がどよめいたのが印象深かったです。閉会後は参加された方全員にお土産の苺をお持ち帰りいただきました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 与える人が成果を得る | トップページ | 学びと語らい »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 与える人が成果を得る | トップページ | 学びと語らい »