« いい会社のよきリーダー | トップページ | 平成30年度税制改正大綱 »

2017年12月13日 (水)

消費税トラブル事例の検討

所長です。

本日はTKCの研修を受講しておりました。今回のテーマは「消費税トラブル事例の検討」。

Tkc201712b

一般的には「購入額の8%」というだけの認識かもしれませんが、消費税の申告、納税については意外とトラブルが多く発生しています。

赤字なら生じない法人税と違い、消費税は赤字であっても納税が発生します。そのため、資金繰りに窮し、消費税を滞納する会社も多くなっています。

そして、その納税額の計算についても「届出書」が適正に提出されているか否かで大きく変わってしまいます。消費税についてはほとんどの処理に届出書の「事前提出」が求められているため、当初の予定と状況が変わってしまうこともあり、難しい面もあります。

平成31年にはいよいよ10%への増税が予定されており、しかも単なる増税ではなく、軽減税率やインボイス導入も絡んでくるため、今まで以上に注意が必要な消費税になります。消費税対策について、ぜひ早めにご相談下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営方針発表会&賀詞交歓会、開催決定!
経営者は熱くビジョンを語りましょう!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« いい会社のよきリーダー | トップページ | 平成30年度税制改正大綱 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい会社のよきリーダー | トップページ | 平成30年度税制改正大綱 »