« 配偶者控除にお気を付け下さい | トップページ | モニタリング情報サービスやら、ロカベンやら »

2017年12月 6日 (水)

死ぬほど読書

所長です。

伊藤忠元会長の丹羽宇一郎氏著の「死ぬほど読書」。

Shinuhododokusho

最近、ネットによる若者の本離れが著しくなっていますが、私は電子書籍よりもやっぱり紙の本が好きです。もっと言えば、書店で本を探すひと時も好きです。

私にとって、読書は人生の経験値をあげるツールの一つ。本を読み、作者の人生観から学ぶこと。様々な人と会って、その人たちの経験値から学ぶこと。そして自分自身の経験値を積み重ねることによって、3倍の経験値を積み上げることができると思っています。

読書で大事なことは、読んだ本のエッセンスを自分の血肉にすること。「ただ読んだだけ」ではあまりにも勿体なさすぎます。それでは「読んだ」というよりも「見た」に近いのではないでしょうか。

本書の中で筆者も言っていますが、中には「本を読む時間が取れない」という方がいます。しかし、一日10分も確保できない人はそういないでしょう。仮に一日10分確保できれば一週間で70分。一ヶ月で300分ですから、なんと5時間です。

読書は細切れの時間でも可能ですから、一日10分しか時間がない方でも、一ヶ月に一冊くらいは読むことが可能です。一日30分ならその3倍です。カバンの中に新書を一冊入れておいて、ちょっとした時にちょこっと読むだけで結構読書できてしまうものですよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営支援セミナー2017、開催!
これからの経営者に要求されるのは何?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 配偶者控除にお気を付け下さい | トップページ | モニタリング情報サービスやら、ロカベンやら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 配偶者控除にお気を付け下さい | トップページ | モニタリング情報サービスやら、ロカベンやら »