« これからの「3K」 | トップページ | 自己株式の法律・会計・税務の取扱い »

2017年11月 9日 (木)

税を通して社会を見る

所長です。

昨日は関東信越税理士会埼玉県支部連合会、租税教育研修会に出席しておりました。

Kz201711a

現在、税理士会が関わらせて頂いている租税教育は小学校が中心ですが、中学校や高校などからの要望も増えてきております。

租税教育は子供たちに正しい税の仕組みを知ってもらう場ですが、税の仕組みを知るということは社会の仕組みを知ることにつながります。

子供たちが通う学校も、普段歩いている道路も税金で作られています。税金がなければ救急車も消防車も呼ぶことができません。社会生活を営んでいる方なら様々な場面で税金の恩恵を受けています。

しかし、昨今ではその税金の恩恵に対するバランスが歪んできているように感じます。この歪みを正すためには、現在の日本においては政治の力が必要となります。私たちが政治に関わる場面として選挙があります。

このように税を通して、社会の様々な場面に興味を広げることが可能です。もっともっと沢山の方に税への興味を高めて頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営支援セミナー2017、開催!
これからの経営者に要求されるのは何?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« これからの「3K」 | トップページ | 自己株式の法律・会計・税務の取扱い »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これからの「3K」 | トップページ | 自己株式の法律・会計・税務の取扱い »