« 中小企業を元気にするための管理会計 | トップページ | たまにはとんぼ返りではなく »

2017年10月11日 (水)

日税連公開研究討論会

所長です。

先日、新潟の朱鷺メッセにて行われた日税連公開研究討論会に出席しました。

Kz201710b

本企画は毎年、行われる税制についての研究発表の場であり、今年は私の所属する関東信越税理士会の設営にて開催されました。

今回は東京地方税理士会、千葉税理士会、関東信越税理士会から発表が行われました。関東信越税理士会からは将来一層進むであろうAI化に伴い、税務行政がどうなるか、という研究発表が行われました。

海外ではマイナンバーを利用して、確定申告の手続きが簡素化している国もあります。しかし、国民生活そのものが違う国と単純比較することは危険であり、日本においてはAI化に加えて税理士の活用により、税務手続きを簡便化できるのではないでしょうか。

そのためには税理士もAI化された社会に適合した仕事が求められ、今までのような記帳代行や申告書作成といった仕事はなくなっていくでしょう。改めて将来の会計事務所の在り方を考えさせられる場となりました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
経営支援セミナー2017、開催!
これからの経営者に要求されるのは何?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 中小企業を元気にするための管理会計 | トップページ | たまにはとんぼ返りではなく »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業を元気にするための管理会計 | トップページ | たまにはとんぼ返りではなく »