« 健康経営 | トップページ | 数字が読めると本当に儲かる »

2017年9月29日 (金)

事実前提と価値表明

所長です。

先日、ネッツトヨタ南国の横田英毅相談役に学ぶ示道塾に出席しました。

Yokota201709a

今回、冒頭に横田氏は2種類の自己紹介をしました。

一つ目は今までの経歴を棒読みする「事実前提型」の自己紹介。二つ目はどういった価値観で経歴を歩んできたのかを語る「価値表明型」の自己紹介。

情報量としては前者が上回りますが、「為人」が理解できるのは後者です。自己紹介が「いかに自分という人間を知ってもらう場」なのだとしたら、どちらが相応しいでしょうか。

しかし、会社のプロフィールを紹介する時には得てして前者になりがちです。これでは正しく自社を理解してもらうことが難しくなります。

経営者でも、従業員でも、自己紹介のみならず、自社のプロフィールを紹介する場面も多々あるハズです。そんな時、ぜひ価値表明型で語ってみるといいのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 健康経営 | トップページ | 数字が読めると本当に儲かる »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康経営 | トップページ | 数字が読めると本当に儲かる »