« 未来のために今何をするか? | トップページ | 社員に教育されてV字回復 »

2017年9月21日 (木)

挑戦こそが未来を創る

所長です。

先日の青年経営者全国交流会、二日目には記念講演が行われました。金砂郷食品の永田由紀夫氏の「地場産業の底力で世界に咲き誇る~挑戦こそが未来を創る」。

Doyu201709e_2

永田氏の経営する金砂郷食品は納豆メーカー。「粢」というブランドで販売されている納豆は1パック200円という高級品ですが、確かな味と品質で人気を博しています。

しかし、同社は元々「くめ納豆」という日本全国で販売されていた人気商品を持つ大手メーカーでした。年商110億円超もあった売上に胡坐をかき、いつしか会社は迷走を始め、ついに倒産。大手食品メーカーに救済される形で再スタートとなりました。

永田氏は倒産時、社員の立場でしたが、地場産業の灯を消さないため、経営者として再スタートします。「くめ納豆」というブランドを救済メーカーに売却したため、110億円あった年商は数億円にまで減少しました。倒産会社の再生はまさに茨の道でしたが、永田氏は挑戦することで道を切り拓いていきます。

1パック200円もする高級納豆「粢」や海外展開を狙った商品開発。その姿はTV番組「ガイアの夜明け」でも放送されました。成果は少しづつ出て、年商も10億円を超えてきました。

同社の歩みを見て感じるのは、「未来は予測不能」ではあるけれども、「今の積み重ねが未来を創る」ことでもある、ということ。中小企業は経済情勢の影響によって業績が大きく変わることもあるけれども、何の抵抗もできない訳ではありません。

永田氏は言います。「小さな変化は毎日起きている。それに気づくかどうかだけ。」ここに経営者の責任があるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 未来のために今何をするか? | トップページ | 社員に教育されてV字回復 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来のために今何をするか? | トップページ | 社員に教育されてV字回復 »