« 君の膵臓を食べたい | トップページ | ダメなときほど言葉を磨こう »

2017年7月31日 (月)

アルチンボルド展

所長です。

先日、国立西洋美術館で開催されているアルチンボルド展に行ってきました。

Arcimboldo2017

一見、遠目で見ると単なる人物画。しかし、近づいてよく見てみると、人の顔に見えたものは魚だったり、動物だったり、花だったり、果物だったり。そんな奇想天外な作品を残したアルチンボルドの世界を堪能できる企画展です。

今回、作品をしっかり見てみると、奇想天外な作品を芸術たらしめているのは、やはりアルチンボルドの写実力です。人の顔のパーツとして描かれている花や果物、動物たちはリアリティを持った姿で描かれています。そこから作品の迫力が出ているのではないでしょうか。

パーツをいかに組み合わせるか、というセンスの部分も当然、必要ですが、その前にしっかりとしたデッサン力があるからこそ、センスが光るのだと思います。

これはビジネスでも、芸能やスポーツでも同じかもしれません。努力に裏打ちされた基礎があってこそ、創意工夫が光ります。基礎のない創意工夫では長続きできないのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
セミナー開催!「労務環境の仕組みづくり」
あなたの会社では社員がイキイキ働いていますか?

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 君の膵臓を食べたい | トップページ | ダメなときほど言葉を磨こう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君の膵臓を食べたい | トップページ | ダメなときほど言葉を磨こう »