« 肉親のひとりとして | トップページ | 自己探求の機会 »

2017年6月13日 (火)

税務だけでは計れない相続対策

所長です。

先日、税理士有志で組織している十日会の6月例会に出席しました。

今回の研修はイデアルコンサルティングの海老根康洋氏、「借地権の基本と資産家の相続対策」。

10kai201706a

日本人の所有財産の多くは不動産であり、そのほとんどは土地になります。土地は単に広さだけでその価値を測ることはできません。立地であったり、形状によってその価値は様々です。

しかし、持っている土地の価値を上げるために立地条件を変えることはできません。できることといえば、いかに「使い勝手」を上げるかです。

現在の日本の法律上、道路に面していない土地に建物は建てられません。農業目的で使っているうちは問題ありませんが、そこに建物を建てようと思うと道路に面していないといけないのです。そのため、何らかの方法で道路と接するようにしなければなりません。

こうなると税務の知識だけでは対応できません。近隣の地権者との交渉など、「不動産の専門家」の経験と知識が必要になるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
セミナー開催!「労務環境の仕組みづくり」
あなたの会社では社員がイキイキ働いていますか?

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

« 肉親のひとりとして | トップページ | 自己探求の機会 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉親のひとりとして | トップページ | 自己探求の機会 »