« 手づくりキャンドル | トップページ | 採用と教育 »

2017年5月26日 (金)

捨てられる銀行

所長です。

橋本卓典氏著の「捨てられる銀行」。

Suterarerubk

企業の存続はメインバンクの対応一つにかかっている。そう言っても過言ではないかもしれません。バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災など、一社だけの努力では限界を超えるような激変もあります。

では金融機関側において、企業救済の努力を何もしていないのか?実はここに金融機関の将来が掛かっています。

金融機関は常に金融庁の意向を最優先し、対応してきた経緯があります。そのため、「減点されないためのマニュアル」が横行してしまい、バンカーとしての資質を劣化させてしまった金融機関が数多くあります。

しかし、常に顧客である企業側を見据え、経営努力を行ってきた金融機関もあります。現在、そういった金融機関の躍進が目に付きます。

但し、企業側の努力も必要です。金融機関から応援してもらえるような企業づくりを常にしなければならないのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 手づくりキャンドル | トップページ | 採用と教育 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手づくりキャンドル | トップページ | 採用と教育 »