« 同友会が目指す企業づくり | トップページ | 儲かる整頓 »

2017年5月17日 (水)

発行部数が1/3に

所長です。

子供の頃、大抵の方が読んだ経験があるでしょう、週刊少年ジャンプ。

かつてはキャプテン翼、キン肉マン、北斗の拳、シティーハンター、ドラゴンボールなど人気作品が連載され、600万部以上発行されていました。

ところが現在、200万部を下回ったそうです。ピーク時の1/3以下まで減少したことになります。

Jump201705

現在でも人気作品ワンピースが連載されていますが、さすがにピーク時の人気作品が多数連載されていた頃と比べると寂しい状況でしょうか。

さらに少子化によって購読者層の人数自体が減少している影響もあるでしょう。ジャンプだけでなく、ライバル誌の少年マガジンなども発行部数を減少させています。

又、ネットメディアの登場により読者の嗜好が多様化していることも影響しているでしょう。少年漫画誌の復活は今後、見られるでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 同友会が目指す企業づくり | トップページ | 儲かる整頓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同友会が目指す企業づくり | トップページ | 儲かる整頓 »