« 芝桜の丘 | トップページ | 持続可能な資本主義 »

2017年5月10日 (水)

人生という試合の歩み方

所長です。

辻秀一氏著の「スポーツが教えてくれる人生という試合の歩み方」。

Tsujiplaylife

著者はスポーツドクターとしてスポーツ選手のメンタルコーチを手掛けています。その経験がいかんなく発揮されている一冊といえるでしょう。

スポーツ経験がある方はお分かりだと思いますが、試合には常に勝者と敗者がいます。しかし、その勝者と敗者とは絶対的なものでしょうか?

もしも試合における勝者と敗者が絶対的なものだとしたら、例えば甲子園では日本全国で一校しか勝者になれず、その他の参加校は全て敗者になってしまいます。そうだとするとスポーツをする意味とは一体何なのでしょうか?

著者は「試合に勝つこと」よりも「勝利を目指すこと」に意味があると説きます。勝利を目指すことにより成長でき、かけがえのない経験を積むことで全員が勝利者になれる。そこにスポーツの真の意味があるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 芝桜の丘 | トップページ | 持続可能な資本主義 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝桜の丘 | トップページ | 持続可能な資本主義 »