« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

新入職員挨拶、その2

はじめまして。大学を卒業して今年の4月から新しく職員となりました渡辺と申します。

Watanabe201705

本来ならばこういった挨拶は4月のうちに済ませなければならないところを5月も終わり梅雨に差し掛かろうこのような時期になりましたことをご容赦下さい。

5月終わりに挨拶をするならばそのことに少しなりとも意味を持たせよう、ということで私が入所してこの二か月間で体感した所内の雰囲気をお伝えしつつこの二か月で読んだ本の中で特に面白かったものを推薦してご挨拶とさせていただきたいと思います。

果たして本の推薦がそういった意味を持つのかは、我ながら甚だ疑問ではありますが自分が感動した本を薦められるいい機会をもらったと思いながら書きたいと思います。できればご一読下されば、薦めたものとしては至上の喜びを頂け有難く思います。

所内の雰囲気でございますが、所長をはじめとして先輩職員の皆様方には失敗をしても叱責することなく暖かく指導をいただいたり、堅苦しくなくもいい意味で一定の緊張感を持った空気は私にとって大変居心地のいいものであります。換言すれば入ってよかったと思える環境です。

また、税理士事務所という職場の特殊性から税法を勉強する機会が仕事を通じて得られるというのは私にとって面白いものであり二か月ながら飽きさせない刺激のある場であります。

本でございますが去年『蜜蜂と遠雷』で直木賞を受賞された恩田陸さんの『チョコレートコスモス』、そして五月中旬に発売されたばかりの池井戸潤さんが書いた『アキラとあきら』。この二冊は読んでいて震えるほどの感動をしました。

前者は演劇のオーディションを題材にして、天才と天才がぶつかり合うというお話で後者は境遇の違う二人のアキラが運命に翻弄されながらも克己していくというお話です。

多くを語るのも野暮でございますので簡単な読みどころを紹介させていただきますと、『チョコレートコスモス』は『蜜蜂と遠雷』にかなり近いテイストの作品で天才を書かせたら日本最高峰レベルだろう恩田氏の切れ味鋭い天才性の描写が光る傑作です。

『アキラとあきら』は池井戸氏の経験に裏打ちされたバンカーの緻密な立体化に留まらず、人情豊かな人物描写もまた非常に高いレベルで完成されている一粒で二度美味しい魁作でございます。

本の紹介ばかりで碌に自分のことを紹介できませんでしたが、本を読むのが苦痛ではない新人職員が入ってきたな、程度の認識をお持ちになってくださればこの挨拶を書いている私としましてもこれ幸いと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月30日 (火)

新入職員挨拶、その1

初めまして。ご挨拶が遅くなりましたが、4月より小林税理士事務所に入所いたしました、宮沢太貴と申します。

Miyazawa201705

今まで、初対面の方には「なんて読むの?」と言われてきましたが、”太貴”と書いて”ひろき”と読みます。覚えにくいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

出身は群馬県の高崎市です。小学校から高校生までサッカーをやっていました。サッカーに限らず、スポーツはするのも観るのも好きです。

ただ、最近は体を動かすことが少なくなってきています。仕事とともに運動も頑張りたいと思います。

3月まで都内の大学に通い、今年が社会人1年目となります。入所して2か月が経とうとしていますが、なにもかもが初めてのことばかりで、不安でいっぱいです。

まだまだ分からないことだらけですが、少しでも早く皆様のお役に立てるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月29日 (月)

採用と教育

所長です。

先日、示道塾実践編に参加しました。今回はネッツトヨタ南国の採用・教育を担当しているビスタワークス研究所の大原氏、小松氏を講師に、ネッツトヨタ南国の採用・教育の現場について語って頂きました。

Netz201705a

ネッツトヨタ南国は日本経営品質賞やホワイト企業大賞など、名だたる賞を受賞した優良企業ですが、その道程は決して平坦ではありませんでした。「社員が幸福になれる職場づくり」を30年間コツコツと積み重ねてきた結果が現在の姿です。そこにはノウハウと呼べるようなものはなく、ひたすら試行錯誤を愚直に重ねただけなのです。

しかし、大半の人が「正しいやり方」を「継続」せずに、「安直なやり方」で「簡便に」済ませようとしてしまいます。その結果、組織として成長せず、早々に組織としての寿命を迎えてしまいます。

組織の成長のためにはそこに属する人の成長が必要です。そのために企業では採用と教育が鍵なのですが、ここを本気でやっている会社は多くありません。特に採用は厳しさを増すばかりです。

「組織づくり」これがこれからの経営に求められる重要テーマといえるでしょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月26日 (金)

捨てられる銀行

所長です。

橋本卓典氏著の「捨てられる銀行」。

Suterarerubk

企業の存続はメインバンクの対応一つにかかっている。そう言っても過言ではないかもしれません。バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災など、一社だけの努力では限界を超えるような激変もあります。

では金融機関側において、企業救済の努力を何もしていないのか?実はここに金融機関の将来が掛かっています。

金融機関は常に金融庁の意向を最優先し、対応してきた経緯があります。そのため、「減点されないためのマニュアル」が横行してしまい、バンカーとしての資質を劣化させてしまった金融機関が数多くあります。

しかし、常に顧客である企業側を見据え、経営努力を行ってきた金融機関もあります。現在、そういった金融機関の躍進が目に付きます。

但し、企業側の努力も必要です。金融機関から応援してもらえるような企業づくりを常にしなければならないのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月25日 (木)

手づくりキャンドル

所長です。

先日、北九州にある人気美容室、バグジーにお邪魔してきました。バグジーは近隣の美容室と比べて高めの料金設定であるにも関わらず、常に予約で一杯です。今回も平日の昼間だったにも関わらず沢山の予約が入っていました。

Bagzy201705a

今回はその人気の秘密を体験しようとご訪問したのですが、カットして頂く前に併設されているカフェでランチをしていたら、なんとデザートに!

Bagzy201705b

たかだかプレートに名前を書いただけ、と言われればそれまでですが、さり気ないおもてなしはそれだけで感動してしまいますよね。

でも、おもてなしはそれだけではありませんでした。

カットして頂こうと席に着くと

Bagzy201705c

そこにもウェルカムカードがありました。そして、ダメ押しが手づくりの名前入りキャンドル。

カードは数分あれば作れますが、キャンドルはそうはいきません。スタッフ一人一人の「お客様を喜ばせよう」という並々ならぬホスピタリティ精神が終始感じられました。

この感動のサービスにお客様はお店の熱烈なファンとなり、お店を支えているのです。一つ一つの地道な積み重ねが大きな信頼を得る、ということを実感したベンチマークでした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月24日 (水)

経営は哲学の実践

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、川越地区会総会に出席しました。

今回の記念講演は川越胃腸病院の望月智行院長でした。

Doyu201705c

望月院長は30年以上かけて川越胃腸病院を素晴らしい病院に成長させました。それは医療技術の面も一流でありながら、そこに集う人々の幸福も実現させるものです。決して一部の人だけの利益になるような偏った経営ではありません。

望月院長は「経営は哲学の実践である」と言います。つまり、企業は経営者の想いの強さによってその姿を変えるのです。

川越胃腸病院はまさに望月院長の強い想いが具現化された姿になっています。入院した患者に「まだ帰りたくない」と言わせる程のホスピタリティ。決して院内の設備が近代的で、優れている訳ではありません。医師や看護師など、院内で働く人々のホスピタリティがそうさせているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月23日 (火)

大宮ブロック設立20周年記念式典

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、大宮ブロック設立20周年記念式典に副代表理事として出席させて頂きました。

Doyu201705b

大宮は埼玉県内において経済の中心地。人口も企業数も他市に比べて多く、旧大宮市内に3地区会を有します。その3地区をまとめて大宮ブロックという位置づけができています。これは埼玉中小企業家同友会の中では大宮だけのものです。

つまり、「本来の組織図にはない交流を20年間続けてきた」のが今回の記念式典なのです。これは驚異的なことだと思います。

同友会には「自主、民主、連帯」の精神があります。つまり、「自分だけ良ければいい、という考え方はしない」ということです。誰かから強制されたことでなく、自ら「こうあるべき」という姿を模索して、実行し続けるのです。

組織とはかくあるべき、と改めて感じた記念式典でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月22日 (月)

人間力を育む

所長です。

先日、久しぶりに駿河台大学の教壇に立たせて頂きました。

Sundai201705

前回はキャリアデザインという授業の中で「税理士の仕事」について話をさせて頂きました。

今回はインターンシップ事前研修の授業の中で「受け入れ企業」としての話をさせて頂きました。とはいえ、税理士事務所の受け入れ体制のことだけを話しても、あまり意味がないので、「社会に出るに当たっての心構え」をメインテーマとしました。

就職活動をする側からすれば、よい会社とそうでない会社の区別は「給料が高い」「オフィスが近代的」「休暇が多い」といった待遇面に目が行きがちです。しかし、本来は「自分が成長できるかどうか」という視点で見るべきです。

では「成長」とは何を指すのでしょうか?それは単なる知識や技能だけでなく、人間力が磨かれるかどうか、という点も含むのです。つまり、社員の人間力が育まれる組織づくりが経営者の仕事なのです。

さて、学生の胸にはどう届いたでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月19日 (金)

採用難なら採用活動を見直す

所長です。

先日、ネッツトヨタ南国の横田英毅氏の示道塾に参加しました。都内で開催される勉強会ですが、横田さんから学ぶために全国の経営者が集います。

Netzmokuteki

横田さんの示道塾に参加するようになって3年が経ちますが、未だに自分の至らなさを実感します。まあ、まだ「伸びしろ」があると思えば良いですね。

さて、今回は「採用」について深く学びました。

現在、中小企業ではどこも人手不足。合同説明会を開いても閑古鳥が鳴いています。少子化が進んでいるのに加えて、大手企業の採用意欲が高いのでなかなか中小企業まで学生が回ってこない現実があります。

しかし、「だから採用できない」と言っていては経営努力がなさ過ぎではないでしょうか。ネッツトヨタ南国では採用活動を進化させ、しっかりと採用活動を進めています。

さて、皆様の会社ではいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月18日 (木)

儲かる整頓

所長です。

武蔵野の小山昇氏の新著、「小さな会社の儲かる整頓」。

Koyamaseiton

私は以前から「いい会社」と「悪い会社」の見分け方の一つに「清掃」と「挨拶」をあげています。

社内にゴミが落ちていたり、散らかっている会社やすれ違っても社員がまともに挨拶できない会社は総じて業績が悪いです。

「掃除と挨拶で利益が出るのか!?」と仰る方もいらっしゃいますが、掃除と挨拶ができないというのは社内の感性が鈍っている証拠です。感性が鈍っているので取引先や社会の変化に対応できません。外部環境の変化に対応できなければ売上は落ちるのです。

武蔵野では単なる掃除で終わらずに、環境整備のレベルに引き上げています。掃除と環境整備の違いが分からない方は是非、本書をご一読下さい。カラー写真付きで丁寧に説明されていますのでとても分かりやすいですよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月17日 (水)

発行部数が1/3に

所長です。

子供の頃、大抵の方が読んだ経験があるでしょう、週刊少年ジャンプ。

かつてはキャプテン翼、キン肉マン、北斗の拳、シティーハンター、ドラゴンボールなど人気作品が連載され、600万部以上発行されていました。

ところが現在、200万部を下回ったそうです。ピーク時の1/3以下まで減少したことになります。

Jump201705

現在でも人気作品ワンピースが連載されていますが、さすがにピーク時の人気作品が多数連載されていた頃と比べると寂しい状況でしょうか。

さらに少子化によって購読者層の人数自体が減少している影響もあるでしょう。ジャンプだけでなく、ライバル誌の少年マガジンなども発行部数を減少させています。

又、ネットメディアの登場により読者の嗜好が多様化していることも影響しているでしょう。少年漫画誌の復活は今後、見られるでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月16日 (火)

同友会が目指す企業づくり

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、西部地区総会に出席しました。

今回の記念講演は中小企業家同友会全国協議会顧問の国吉昌晴氏、「同友会が目指す企業づくりとは」。

Doyu201705a

国吉氏は出身地である北海道同友会の事務局長を経て、現職にあります。その間、新しい支部の設立に奔走するなど、まさに同友会運動の体現者でもあります。

中小企業家同友会は戦後の混沌とした経済環境下、中小企業の自立を目指して作られました。その時の時代背景と共に形を変えながら、よい会社・よい経営者・よい経営環境を目指す組織が出来ました。

現在、全国に約46000名の会員がおり、その知恵と経験が中小企業の未来を拓く礎となっています。同友会で学んだ会社が「一隅を照らす存在」として成長し、そういった会社が地域に増えればその地域が明るくなり、そういった地域が増えれば県が明るくなり、そういった県が増えれば国が明るくなります。

「今だけ、金だけ、自分だけ」という価値観ではない会社づくりが今こそ求められているのだ、と感じた総会でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月15日 (月)

役員給与税制の問題点

所長です。

先日、十日会(税理士有志の勉強会)の例会に出席しました。

今回の講師は税法の講師として著名な嶋協先生にお願いし、「判例から見た役員給与税制の問題点について」というテーマで講演頂きました。

10kai201705

経営者の方ならご存知でしょうが、会社役員の給与について法人税法では規制を設けています。例えば「定期同額給与」という制度。一年を通じて、毎月同じ金額しか税務上の経費(損金)として認められない、というもの。

毎年12月が決算の会社において、1~3月では月50万円、4~12月では月60万円の役員報酬の支給を行ったとします。この場合、支給額は50万円×3+60万円×9=690万円となりますが、上記の制度があるため損金として認められるのは50万円×12=600万円となってしまいます。

これは経営者が自分勝手に給与の支給額を変更することにより、会社の利益操作を行わせないことを目的として作られた規制です。しかし、これは右肩上がりの景気の下での話。現在のような先行き不透明なご時世ではナンセンスと言わざるを得ません。

このように経営者の給与に関する規制には数々の問題点があり、注意が必要です。皆様も不必要な課税がなされないようお気を付け下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月12日 (金)

おおかみこどもの雨と雪

所長です。

2012年公開の映画「おおかみこどもの雨と雪」。ずっと観たかったのですが、先日TVで放送されていたものを録画してやっと観れました。

Ookamikodomo

最近の日本のアニメ映画はもはや「アニメ=子供向け」という図式ではなく、一つのジャンルとして確立されていて、そのクオリティの高さは世界でも高い評価を受けています。

人間と狼のハーフである二人の子供を育てる人間の女性。狼である父親が亡くなり、いわゆる母子家庭。その母子の成長過程を描いたストーリーですが、劇中で母親は子供たちに「人間として生きていくのか、狼として生きていくのか」を強制せず、そのどちらも選べるような生活を考えます。

これは「人間と狼」という極端な表現ですが、私たちも普段から「勉強が得意な子、運動が得意な子」というようなレッテルを持っていて、気が付けば「将来は医者にしたい」「弁護士にしたい」「一流アスリートにしたい」といった「将来の押し付け」を無意識のうちにしているように思えます。

親の責任は「将来の職業や生き方を強制すること」ではなく、「子供を独り立ちさせること」にあるのだ、と改めて感じた作品でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月11日 (木)

持続可能な資本主義

所長です。

鎌倉投信の新井和宏氏著の「持続可能な資本主義」。

Kamakuratoushin

鎌倉投信は他の証券会社とは違い、「儲かりそうな会社」ではなく「いい会社」に投資を行います。そのため、投資家へのリターンは他社に比べて低くなっています。しかし、金銭的なリターンではなく、社会的還元という無形のリターンを意識する投資家によって支えられています。

現在の金融業界では異端に思える同社ですが、そもそも金融の果たす社会的役割とは企業の育成であり、投資家に高配当を約束することではありません。その意味では同社は金融本来の役割を正しく果たそうとしているように思えます。

果たして、短期的なリターンばかり追いかけるやり方がどれだけ持続できるでしょうか?果樹の苗を植えても、果実が実るまでには数年かかります。しかし、しっかりと育ててれば数十年に渡って果実が実ります。

長期的スパンで循環し続けるためには何が必要か、何が大切か。今一度、よく考えてみるべきだと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月10日 (水)

人生という試合の歩み方

所長です。

辻秀一氏著の「スポーツが教えてくれる人生という試合の歩み方」。

Tsujiplaylife

著者はスポーツドクターとしてスポーツ選手のメンタルコーチを手掛けています。その経験がいかんなく発揮されている一冊といえるでしょう。

スポーツ経験がある方はお分かりだと思いますが、試合には常に勝者と敗者がいます。しかし、その勝者と敗者とは絶対的なものでしょうか?

もしも試合における勝者と敗者が絶対的なものだとしたら、例えば甲子園では日本全国で一校しか勝者になれず、その他の参加校は全て敗者になってしまいます。そうだとするとスポーツをする意味とは一体何なのでしょうか?

著者は「試合に勝つこと」よりも「勝利を目指すこと」に意味があると説きます。勝利を目指すことにより成長でき、かけがえのない経験を積むことで全員が勝利者になれる。そこにスポーツの真の意味があるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月 9日 (火)

芝桜の丘

職員の今井です。

GWはどこかにお出かけになりましたか?

私は家族と一緒に、芝桜の丘へ行ってきました。

Imai201705a_2

といってもここは、有名な秩父の羊山公園ではありません。混み合う観光スポットを避け、知人に教えて貰った、ときがわ町にある芝桜の丘へ行ってきたのです。

ここは個人のお宅で、自宅前にあるこの丘を一般に公開しておられます。私達は、芝桜の維持管理費として一人100円を払って見させていただきました。

広さは羊山公園の何十分の一でしょうが、車の渋滞も人混みもありません。芝桜の香りも楽しみながら心ゆくまでのんびりと過ごしました。

春から夏へと向かうこの季節、美しい自然の中に身を置いて、十分にリフレッシュ出来ました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月 8日 (月)

連休明け

所長です。

連休明けですが皆様、ゴールデンウイークはいかがお過ごしだったでしょうか?

私は近場で長瀞、秩父で楽しんでおりました。

まずは定番、長瀞の川下り。水量が少なかったので普段よりも迫力はありませんでしたが、それでも川から見る岩畳の壮大さは素晴らしいです。SLが鉄橋を渡るシーンに出会えるといいのですが。

Chichibu201705a

長瀞といえば阿佐美冷蔵のかき氷も有名ですね。直営店は朝から長蛇の列です。直営店でなくても天然氷を味わうことが出来るので、今回は直営店のすぐ近くの喫茶店で頂きました。私は「こがしキャラメル味」を注文。大人の味でした。

Chichibu201705b

締め括りは秩父のわらじかつ丼。ゴールデンウイーク中で混んでるせいか、わらじの大きさがイマイチでした。やっぱりどんぶりからはみ出さんばかりの大きさが欲しいですよね。

Chichibu201705c_2

今年のゴールデンウイークは天気にも恵まれたので良かったのではないでしょうか。さて、今日からはしっかり働きましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月 2日 (火)

ゴールデンウイーク中の営業日について

所長です。

既に世の中はゴールデンウイーク真っ只中ですが、当事務所では5/3(水)~7(日)を休業日とさせて頂きます。

ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、ご了承の程よろしくお願い致します。

又、今月から9月までクールビズ期間とさせて頂いております。期間中は軽装での対応となる場合がございますが、重ねてご了承の程よろしくお願い致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年5月 1日 (月)

あしかがフラワーパーク

所長です。

先日、あしかがフラワーパークに行きました。ここは藤が見事なことで有名です。

Flower201704a

以前から一度行ってみたいなぁ、と思っていましたが、相手は生の花。いつでも咲いている訳ではないのでタイミングも大切。なかなか行けませんでしたが、今回はタイミング合いました。

Flower201704b

六分咲き、といった所でしたが、それでも見応え十分でした。これだけ立派に育った藤を生で観ると感動しますね。

Flower201704c

GW中は楽しめると思います。興味のある方は是非行かれてはいかがでしょうか。しかも夜はライトアップされて、また違った雰囲気のようですよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »