« 租税教育推進 | トップページ | オペラ座の怪人 »

2017年4月10日 (月)

社員の力で最高のチームをつくる

所長です。

ケン・ブランチャード氏著、星野佳路氏監訳の「社員の力で最高のチームをつくる」。

Hoshino_empowerment

本書では社員の自主性に基づく組織づくりを目指す経営者の姿をストーリー仕立てで描き、その組織づくりの要諦を表しています。

優れた経営者によるトップダウン式の組織は結果もすぐに出て、外部からの評価も受けやすいので、短期的には優れた組織に見えます。しかし、その状態は長続きしません。

逆に、社員が自ら考え、行動する組織はしばらくは結果が思うように出ず、短期的には外部からの評価も低いものになるかもしれません。しかし、常に組織が進化し続けるので長期的には優れた結果が出やすくなります。

そう考えると後者の組織づくりを選択したくなりますが、多くの企業でそうなっていないのは結果が出るまでに時間がかかり、経営者の信念がブレてしまうからでしょう。

本書は本文に加えて星野リゾートでの実践例も加筆されているので、組織づくりに悩んでいる経営者には必読の一冊ではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 租税教育推進 | トップページ | オペラ座の怪人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 租税教育推進 | トップページ | オペラ座の怪人 »