« 味噌一代記 | トップページ | 新たなプロの育て方 »

2017年3月10日 (金)

スパルタと自主性

所長です。

先日、ネッツトヨタ南国の横田英毅相談役の示道塾に参加しておりました。

Yokota201703

この塾では動画をみんなで観て、ディスカッションすることがあるのですが、今回は高校ラグビーの指導方法についての動画を観ました。

その中で生徒の自主性を重んじて、監督が練習方法を強制しない学校とスパルタ指導をする学校が登場しました。どちらも地元の強豪校。ついに両校は県大会の決勝戦で対戦しました。結果、勝ったのは…。

このケースでは、決勝戦の勝敗をもってスパルタ教育と自主性重視の優劣をつけるものではありません。長い目で見て、生徒たちにとってどちらの教育方法がより良かったのか、と考えるとなかなか深いものがあります。

もちろん、スパルタであろうと自主性重視であろうと、指導者に深い愛情があることが前提です。これがなければ、単なるしごきですし、単なる放任になってしまいますから。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 味噌一代記 | トップページ | 新たなプロの育て方 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 味噌一代記 | トップページ | 新たなプロの育て方 »