« 黒豚とオマール海老 | トップページ | 税賠対策 »

2017年2月10日 (金)

えんとつ町のプペル

所長です。

絵本としては異例のヒット作となった、にしのあきひろ氏著の「えんとつ町のプペル」。

Nishinopoupelle

著者は言うまでもないかもしれませんが、お笑い芸人のキングコング西野亮廣氏。その多彩な才能を絵本作家としても発揮しています。

本書のストーリーについては「まだ読んでいない」という方のために触れませんが、色々示唆のある内容になっていて、興味深い作品だと思います。

私の受け止め方としては、「信念を持つことの孤独さと持ち続けることの大切さ」です。他者を攻撃するものや他者を排除するものは別として、基本的に「信念を持つ」ということはある種の孤独をもたらします。

大抵の人がその孤独感に耐えられず、信念を曲げてしまいますが、信念を持ち続け、それが本物になった時、道が開けます。本書の最後のページはまさにその瞬間ではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 黒豚とオマール海老 | トップページ | 税賠対策 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒豚とオマール海老 | トップページ | 税賠対策 »