« 中小企業の経営維新 | トップページ | 組織風土をつくる »

2017年1月11日 (水)

海賊とよばれた男

職員の今井です。

2017年の初投稿です。今年もよろしくお願いします。

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?私は、久し振りに主人と映画「海賊とよばれた男」を見にいきました。

Kaizokuidemitsu

ご存知の通り、主人公は出光興産の創業者、出光佐三氏がモデルで、V6の岡田准一さんが演じています。戦前戦後の動乱の中、裸一貫から事業を立ち上げて、大事業を成し遂げていく様子が描かれています。

見所は沢山ありましたが、時代の流れに翻弄されながらも、経営者としてどういう舵取りをするのかというところがとても見応えがありました。事業者として、国家の一員としての理念や信念を踏まえながら、主人公が下す経営判断や行動に考えさせられるものがありました。

また、厳しい経営判断の際にも、社員を家族の様に思い愛する主人公の姿勢に、社員も応え、全員で荒波を乗り越えていく様子にも感動しました。このような人達が居たからこそ、今の自分達があり、自分達も次の世代にバトンを渡していかなくてはと思えました。

ご興味のある方、まだしばらくは上映中なので、ご覧になってはいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 中小企業の経営維新 | トップページ | 組織風土をつくる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業の経営維新 | トップページ | 組織風土をつくる »