« ボウリング望年会 | トップページ | サプライズ »

2016年12月13日 (火)

村上海賊の娘

所長です。

本屋大賞受賞作品、和田竜氏著の「村上海賊の娘」。

Murakamikaizoku

舞台は織田信長の石山本願寺攻め。本願寺側からの加勢を頼まれた毛利軍が、物資の搬入を村上海賊に依頼した所から、織田軍と村上海賊が一戦交えることになります。

いわば織田信長の石山本願寺攻めのサイドストーリーとも言うべきエピソードですが、本書ではそこをドラマチックに描いています。

和田氏といえば、豊臣軍の忍城攻めを描いた「のぼうの城」が映画化され、有名ですが、歴史の教科書に出てくるエピソードのサイドストーリーを描くのが上手ですね。一般的には忍城攻めは石田三成の戦下手がクローズアップされますが、大軍勢を目の前にした地侍の気骨を魅力的に描いています。

今回も織田軍の大軍勢を相手に揺れ動く海賊衆の姿を「姫」の立場から描き、決して歴史の表舞台に出てこない武将たちに躍動感を与えています。おそらく本作も映画化やドラマ化されるのでしょうね。期待して待ちましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« ボウリング望年会 | トップページ | サプライズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボウリング望年会 | トップページ | サプライズ »